骨髄異形成症候群(MDS)はその名のとおり、骨髄中の細胞に形態異常が生じるとともに、血球数の減少を来す病気です。血液細胞の種にあたる造血幹細胞(ぞうけつかんさいぼう)自身に異常が起こったため、血液細胞がうまくつくられないことが血球減少の原因と考えられています。 この病気の特徴は、血球減少の経過をみているうちに、白血病に移行する例があるという点です。このため、かつては前白血病(ぜんはっけつびょう)と呼ばれていました。

骨髄異形成症候群の詳細

 造血幹細胞(ぞうけつかんさいぼう)(血液のなかに含まれる赤血球、白血球、血小板の元になる細胞)に原因不明の異常があり、血液細胞の形態異常を生じて、正常な血液細胞を作れない状態(無効造血(むこうぞうけ...
 骨髄異形成症候群(MDS)はその名のとおり、骨髄中の細胞に形態異常が生じるとともに、血球数の減少を来す病気です。血液細胞の種にあたる造血幹細胞(ぞうけつかんさいぼう)自身に異常が起こったため、血液細...

骨髄異形成症候群関連リンク

goo検索で調べよう