近年、ニュースでもよく取り上げられるようになってきたうつ病。厚生労働省の患者調査によると、日本の気分障害患者数は1996年には43.3万人、1999年は44.1万人と横ばいでしたが、2002年には71.1万人、2005年には92.4万人、2008年には、104.1万人と、右肩上がりに増加しています。うつ病はとても身近な病気になっているのを誰もが感じているのではないでしょうか。

うつ病自己診断チェック表

うつ病の患者数は2000年以降、急増。「私、うつ病かも?」と思ったら、早期に治療するためにも、まずセルフチェックで判断してみましょう。

うつ病とは、うつ状態がある程度以上の重度であることをいいます。「憂うつである」「気分が落ち込んでいる」という状態のことです。ただし、うつ病は、検査などで明確に診断できる疾患ではないため、医師の判断によるところが大きいのも現状です。

うつ病には下記のような種類があります。

●外因性(身体因性)うつ病・・・アルツハイマー型認知症のような脳の病気、副腎皮質ステロイドなどの薬剤、甲状腺機能低下症のような体の病気が原因となっているもの

●内因性うつ病・・・典型的なうつ病。抗うつ薬がよく効き、治療しなくても一定期間内によくなるもの。ただし、自殺の危険などもあるため早く治療した方がよい

●双極性障害・・・うつ状態と躁状態の両方があるもの

●心因性うつ病・・・性格や環境がうつ状態に強く関係している場合のもの

自分でチェック 5つ以上当てはまるとうつ病の可能性が

うつ病チェックには、アメリカの精神医学界がで作成している、客観性を重視して作られた「DSM-V」という診断方法があります。病院に行く前、または病院に行く時間がないという人は、まず下記のセルフチェックを試してみましょう。自分に当てはまる項目を数えてください。

1) 1日中、気分が沈んで憂うつ
2) 仕事や趣味、対人関係などに興味を持てない
3) 食欲不振(まれに過食)ぎみである
4) 不眠症(まれに過眠症)である
5) 通勤や家事など、同じことの繰り返しがつらい
6) 疲れやすく、無気力である
7) 罪悪感を持ちやすく、自分に価値を感じられない
8) 集中力や思考能力が停滞している
9) 自殺など、死について考えることがある

1、2のどちらからが当てはまり、それも含め5つ以上の項目がほぼ毎日2日以上続く場合は、うつと考えられます。早めに精神科や精神神経科を受診しましょう。心療内科でも軽いうつを診ている医療期間があります。また、内科でも受診が可能です。

もしも家族がうつ病になったら…接し方の注意点など

大切な家族や身近な人がうつ病と診断されたら……。大切な人がうつ病から早く回復するためにも周囲の人のサポートは欠かせません。接し方や言ってはいけないことなど注意点をまとめました。

本人の病気を理解し、じっくり見守って

うつ病は、過度のストレスを感じたことが原因で起こる精神疾患です。憂鬱な気分が続き、睡眠、食欲、性欲など、すべての意欲が低下。通常の人であれば、なにかうれしいことがあれば、気持ちが建て直されるものですが、うつ病を発症している場合、ほぼ1日じゅう気持ちが重い「抑うつ状態」が続きます。

うつ病の治療は、基本的に病院への通院で行われますが、医師がケアできるのは、その人が通院している時間のみ。やはり、日常生活を共にしている家族の支援がうつ病の回復には欠かせません。もし家族の一人がうつ病になったら気を付けたい、うつ病の人への接し方をご紹介します。

<家族がうつ病と診断されたら>

うつ病の家族をサポートすることはよいことですが、過度に神経質になりすぎると、家族にとっても本人にとってもストレスになります。気をつけるポイントをしっかり把握して、コミュニケーションをとっていきましょう。

1、うつ病になった原因を探さない

うつ病の原因は、複雑に絡み合っています。原因を探そうとすると家族も「あの時、相談にのっていたら」などと考えすぎストレスに。原因を追求することに労力を費やすなら、今からできることを考えましょう。

2、「がんばって」と言わない

うつ病の患者さんには「頑張れない自分が悪い」と自分を責めている人も多く見られます。「やればできる」などの励ましや、「早くよくなって」などの、焦りを感じさせるような言葉は避けましょう。うつ病は、まずゆっくり休むのが先決です。

3、旅行などはすすめない

抑うつ状態が改善するかもしれないと、旅行をすすめる人もいますが、うつ病患者には逆効果。本人の気持ちを最優先しましょう。

4、大きな決断をさせない

うつ病の時は、判断力が低下しています。結婚、離婚、転職、退職など、大きな決断は避けて。回復してから、じっくり検討して決めるようにさせましょう。

家族の気持ちも落ち込む時は医師に相談を

うつ病の人が家族にいると、ほかの家族もうつ病になるということを聞いたことはありませんか? うつ病はインフルエンザのようなウイルスが原因の病気ではないので、うつるということはありません。ただそう言われる背景には、「感応精神病」というものがあります。感応精神病とは、精神疾患のある人と日常生活や体験などにおいて密接な関係のある人に、その人と同じ症状が発症するもの。また、うつ病の人とずっと一緒にいると、その患者の抑うつ状態に影響され、家族まで「疲れた」「やる気が出ない」と感じることもあります。つらい時は、うつ病の家族が通院している病院の医師に相談してみるとよいでしょう。

また、うつ病の患者は、思考力や記憶力が低下する傾向にあります。症状が重い時には突然「離婚したい」などと言い出す場合もありますが、うのみにせず、冷静に見守りましょう。

躁うつ病,気分障害,双極性障害の詳細

 気分(心のエネルギー)が高まったり(躁病)、下がったり(うつ病)する病気です。統合失調症(とうごうしっちょうしょう)とともに、内因性(ないいんせい)精神病のなかの重要な位置を占めています。子どもの場...
 双極性障害は、従来、躁うつ病と呼ばれていた病気に相当します。双極とは「2つの極」という意味で、双極性障害は躁病の極とうつ病の極の両方をもつ気分障害という意味です。  うつ病相のみの単極性(たんきょく...

躁うつ病,気分障害,双極性障害の関連コラム

理解されていない躁うつ病-適切な治療を受けないと悪化することも

双極性障害(躁うつ病:そううつびょう)は躁状態とうつ状態をくり返す脳の病気です。日本国内では「全人口の1,000人に7人が発症する」といわれており(*)、けっして珍しい病気ではありません。(*厚生労働... 続きを読む

躁うつ病,気分障害,双極性障害関連のニュース

躁うつ病,気分障害,双極性障害関連リンク

goo検索で調べよう