薬疹,薬物アレルギーの詳細

 薬疹は、内服や注射などで体内に入った薬剤によって、皮膚に発疹が生じた状態で、その発症機序(仕組み)としてアレルギー性、中毒性などが知られています。皮膚症状のみならず、発熱や関節痛、各種の臓器障害など...
 薬疹とは薬剤によって引き起こされる皮膚の症状で、出現する症状はさまざまです。  内服、注射などによって体内に入った薬剤が、皮膚の発疹を引き起こします。アレルギー性と非アレルギー性の原因がありますが、...
 薬剤を内服または注射後に、皮膚や粘膜に症状を生じるものを指します。  すぐに治る症状の軽いものから、高熱とともに全身の皮膚や粘膜に拡大して内臓障害を伴う重症なものまでさまざまです。

薬疹,薬物アレルギー関連リンク

goo検索で調べよう

薬剤を内服または注射後に、皮膚や粘膜に症状を生じるものを指します。すぐに治る症状の軽いものから、高熱とともに全身の皮膚や粘膜に拡大して内臓障害を伴う重症なものまでさまざまです。