高山病の詳細

 高山病とは、2500m以上の高所に登った時点から、6時間〜数日以内に頭痛、めまい、食欲不振、脱力、呼吸困難などを示す低酸素環境(ていさんそかんきょう)症候群です。  気圧の低下に伴って、酸素分圧が低...
 急性高山病は、急速に高地に到達した際に、その低酸素環境により生じる急性の呼吸・循環・中枢神経症状を主体とした症候群です。  急性高山病には、1〜2日で自然に軽快する軽症の「山酔(やまよ)い」とも呼ば...

高山病の関連コラム

健康用語の解説 高山病

標高が高くなるほど気圧が低くなり、大気中の酸素濃度も低くなるが、高地ではその環境に順応できずに呼吸器... 続きを読む

高山病関連のニュース

高山病関連リンク

goo検索で調べよう

高山病とは、2500m以上の高所に登った時点から、6時間〜数日以内に頭痛、めまい、食欲不振、脱力、呼吸困難などを示す低酸素環境(ていさんそかんきょう)症候群です。
気圧の低下に伴って、酸素分圧が低下することによる低酸素症が主な原因です。高地へ登るまでの速さ、労作(ろうさ)の程度、紫外線や寒冷、乾燥の程度などが高山病の発生を助長します。