抗リン脂質抗体症候群,APSの詳細

 動脈や静脈の血栓症または胎盤微小血栓を主な病態とする自己免疫血栓症です。
 血流中に抗リン脂質抗体が作られ、この抗リン脂質抗体が血液の凝固を促進し、過凝固(かぎょうこ)の状態になるために起こる病気です。  このために血栓症(けっせんしょう)を生じますが、本症候群の特徴として...

抗リン脂質抗体症候群,APS関連リンク

goo検索で調べよう

抗リン脂質抗体症候群とは、自己免疫疾患のひとつで、自己抗体ができることによって、全身の血液が固まりやすくなる血栓症を起こし、動脈塞栓・静脈塞栓を繰り返す疾患です。特に習慣性流産や若年者に発症する脳梗塞の原因として重要な病気とされています。

血栓症とは? - 健康用語の解説

血管の中にできる血のかたまりである血栓が血管を詰まらせ、組織や臓器に障害を引き起こすこと。血栓は破れた血管を修復し止血するために不可欠のもので、健康な場合は血栓をつくる働きとそれを溶かす働きのバランスがとれている。しかし加齢などで血栓を溶かす働きが衰えると、血栓が血管中に残ってしまい、動脈硬化で動脈が狭くなるなどの条件が重なることで血栓症にかかりやすくなる。加齢による血管の老化、誤った食生活、運動不足、血中の中性脂肪やコレステロールの増加などが血栓症を引き起こす要因となる。