リウマチ熱の詳細

 咽頭炎などの原因菌である溶血性連鎖球菌(ようけつせいれんさきゅうきん)(溶連菌)の感染で発症します。発熱や関節痛を来し、手足の異常運動や心臓の障害を合併することもあります。  散発的な流行はあります...
 A群β(ベータ)型溶血連鎖球菌(ようけつれんさきゅうきん)による、上気道感染に続発する非化膿性(ひかのうせい)炎症性疾患で、心臓のほかにも関節、皮膚、皮下組織、中枢神経系などに病変が現れます。約半数...
 A群連鎖球菌(れんさきゅうきん)(溶連菌(ようれんきん))による、のどかぜ(咽頭炎(いんとうえん))や扁桃炎(へんとうえん)の治療が不十分な場合、治ってから2〜3週間過ぎたころに突然高熱を発症する病...

リウマチ熱関連リンク

goo検索で調べよう

A群連鎖球菌(れんさきゅうきん)(溶連菌(ようれんきん))による、のどかぜ(咽頭炎(いんとうえん))や扁桃炎(へんとうえん)の治療が不十分な場合、治ってから2〜3週間過ぎたころに突然高熱を発症する病気です、その70%に強い関節痛を伴います。約半数が心炎を起こし、適切に治療されないと心臓の弁に障害を残します(心弁膜症(しんべんまくしょう))。
5〜15歳の子どもに多く、男女差はありません。日本ではほとんどみられなくなりましたが、発展途上国では今なお猛威をふるっています。