神経線維腫症1型,レックリングハウゼン病の詳細

 従来、神経線維腫症(しんけいせんいしゅしょう)と呼ばれていたものが遺伝子診断の発達により1型と2型に分けられて、レックリングハウゼン病は1型を指すようになりました。遺伝子の異常に違いがあり、1型は皮...
 この病気の症状のうち、カフェオレ斑(ミルクコーヒー色の色素斑)は出生時、びまん性神経線維腫・視神経膠腫(ししんけいこうしゅ)は幼児期、骨変化は学童期、皮膚の神経線維腫は思春期、神経線維肉腫は成人期に...