僧帽弁閉鎖不全症の詳細

 僧帽弁とは左心房と左心室の間にある逆流防止弁です。心臓の拡張期には弁が開き、血液は心房から心室に流入します。収縮期が始まると弁は閉じられ、心室から大動脈へ血液が送り出されますが、何らかの原因で僧帽弁...
 僧帽弁の閉鎖が損なわれ、左心室から大動脈に押し出される(駆出(くしゅつ))べき血液の一部が、再び収縮期に左心房に逆流してしまう状態です。したがって大動脈への駆出量が減ってしまいます。左心室は容量が増...

僧帽弁閉鎖不全症関連リンク

goo検索で調べよう

僧帽弁とは左心房と左心室の間にある逆流防止弁です。心臓の拡張期には弁が開き、血液は心房から心室に流入します。収縮期が始まると弁は閉じられ、心室から大動脈へ血液が送り出されますが、何らかの原因で僧帽弁の閉鎖が不十分であると、収縮する際、血液の一部は左心房へ逆流します。逆流があると、心室は一定の血液を送り出すために余分な仕事をする必要があります。また心房は逆流の分だけ多くの血液を受け取ることになり、拡大します。さらに高度になると全身へ流れる血液の量が減り、心不全になります。