猫ひっかき病の詳細

 ネコにひっかかれた後にリンパ節がはれるため、このような名前がついています。しかし、イヌにひっかかれて発症した例や、原因が不明な場合もあります。
 猫ひっかき病は、ネコやイヌに引っかかれた創(そう)(傷)や咬まれた創から細菌が感染し、赤くはれ、頸部(けいぶ)のリンパ節の痛み・はれ、発熱などの症状を来す疾患です。夏から秋にかけて発生頻度が高くなり...
 ネコにひっかかれたり、咬まれたりすることによって感染します。原因は、バルトネラ・ヘンセレという細菌です。幼児や思春期の子どもに多く発症します。  ネコノミの糞中の細菌が、毛づくろいなどによってネコの...

猫ひっかき病関連リンク

goo検索で調べよう

ネコにひっかかれたり、かまれたりすることによって「ネコひっかき病」にかかることがあります。原因は、ネコノミの糞中にいる細菌です。傷口を流水でよく洗い流し、病院へ連れて行きましょう。