骨盤骨折の詳細

 骨盤は左右の恥骨(ちこつ)、坐骨(ざこつ)、腸骨と仙骨(せんこつ)で構成されており、後方は仙腸(せんちょう)関節、前方は恥骨結合で融合されています。  骨盤輪のなかにはS状結腸、直腸、肛門、膀胱、尿...
 骨盤は体の中央に位置し環状構造をしており、上半身を支える土台の役目と、股関節を介して下肢とつながり、さらに下肢への血管や神経のとおり道になっている重要な部位です。そして、その環状構造の中に生殖器や泌...

骨盤骨折関連リンク

goo検索で調べよう

骨盤は体の中央に位置し環状構造をしており、上半身を支える土台の役目と、股関節を介して下肢とつながり、さらに下肢への血管や神経のとおり道になっている重要な部位です。そして、その環状構造の中に生殖器や泌尿器、消化器をおさめています。