変形性脊椎症の詳細

 ●変形性頸椎症(へんけいせいけいついしょう)と頸椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)・神経根症(しんけいこんしょう) (1)変形性頸椎症  成人の頭は5〜7kgと重く、これに加えて両側の...
 変形性腰椎症は、腰椎の加齢変化により腰痛が起こる疾患です。通常は椎間板(ついかんばん)の加齢変化を基盤として、椎間関節や靭帯(じんたい)組織などにも、変性と呼ばれる変化を来し、その結果、筋肉組織を含...

変形性脊椎症関連リンク

goo検索で調べよう

変形性頸椎症は、主に頸椎の加齢変化を原因として頸部痛や肩こり、背部痛などの局所症状を起こす病気です。
変形により脊髄(せきずい)が圧迫されると頸椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)、神経根が圧迫されると頸椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)と呼ばれます。

脊髄と脊髄神経のしくみとは?

脊髄には脳とからだの各部位をつなぐ多くの神経線維が通っています。脊髄は脳からの指令とからだからの情報が行き交う通り道です。

脊髄のしくみ

脊髄の太さはほぼ小指大。長さ40~50cmの白くて細長い円柱状の器官です。

頭蓋骨に囲まれている脳と、背骨の脊柱管のなかに納まる脊髄は、神経管という1本の管を原型に進化したものです。神経管の前端がふくらんで脳となり、脊髄はその原型を残しています。

脊髄の断面では、中央に神経管の孔にあたる“中心管“という小さな孔があります。

中心管のまわりは神経細胞が集まり、灰白質になっており、灰白質はHの形をしています。その腹側のでっぱりに前角といい、筋を動かす神経細胞体が集まっています。

灰白質の周囲は白質になっていて、ここには脳の各部と脊髄を結ぶ神経線維が集まっています。

脊髄を保護するしくみは2重構造になっています。外層に位置する脊椎骨組織の内側には、脊髄を包む内層があり、硬膜、くも膜、軟膜の3層からなっています。

5つの部分に分かれる“脊髄神経”

脊髄神経は、脊髄から31対出ている神経です。

脊椎の部位にあわせ、頸神経(8対)、胸神経(12対)、腰神経(5対)、仙骨神経(5対)、尾骨神経(1対)に区分されています。1対ずつ前面から出る“前根(運動神経)“と、後面から出る“後根(知覚神経)“があります。

脊髄の長さは脊柱管よりも短く、腰椎の1番程度までであり、その先は脊髄神経のみからなっています。

脊髄には、脳への信号、脳からの信号を伝える神経線維が通っているため、脊髄の一部が損傷すると、それより下の部位は脳と連絡できず、運動麻痺と知覚麻痺をおこします。