細菌が傷口から侵入することにより、筋肉が壊死を起こす場合と、糖尿病などの基礎疾患をもとに、大腸菌や連鎖球菌(れんさきゅうきん)などが筋層に進入して発症する場合の2通りがあります。 皮膚は青銅色になり水疱ができて激しい痛みを伴います。病巣は急激に拡大して筋肉の壊死が進み、悪臭を発し、ショックを起こして死亡することもあります。

ガス壊疽の詳細

 細菌が創(そう)(傷口)から侵入することにより、筋肉が壊死(えし)を起こす致死性の疾患です。皮膚や皮下組織、筋肉などに感染を起こす疾患を軟部組織感染症(なんぶそしきかんせんしょう)といいますが、その...
 土壌のなかにいる細菌が、主に外傷をきっかけに皮膚の筋層に達する場合と、糖尿病などの基礎疾患をもとに、大腸菌や連鎖球菌(れんさきゅうきん)などが筋層に進入して発症する場合の2通りがあります。  どちら...

ガス壊疽関連リンク

goo検索で調べよう