横隔膜ヘルニアの詳細

 横隔膜ヘルニアには、先天性のものと後天性のものがあります。  先天性のものにはさらに、ボックダレック孔(こう)ヘルニア(後外側裂孔(こうがいそくれっこう)ヘルニア)、傍胸骨孔(ぼうきょうこつこう)ヘ...
 横隔膜の先天的または後天的な裂孔(れっこう)(裂けた孔(あな))から、腹部臓器が胸腔内や縦隔内に脱出した状態です。食道裂孔ヘルニア、ボホダレクヘルニア、モルガニヘルニア、外傷性ヘルニアが主なものです...

横隔膜ヘルニア関連リンク

goo検索で調べよう

横隔膜の先天的または後天的な裂孔(れっこう)(裂けたあな)から、腹部臓器が胸腔内や縦隔内に脱出した状態です。食道裂孔ヘルニア、ボホダレクヘルニア、モルガニヘルニア、外傷性ヘルニアが主なものです。 2,000〜5,000人の出生に対して1人の発生率といわれています。国内では、年間約200〜300人が発症しています。