外陰炎の詳細

 外陰部の皮膚は抵抗性が弱く、しかも尿・便・帯下(たいげ)(おりもの)・生理による出血などによって汚染されやすいため、炎症が起こりやすい状態になっています。もともと腟内に炎症が起こっている時には、帯下...
 外陰とは、性器の外側の部分(恥丘(ちきゅう)、大陰唇、小陰唇、陰核、外尿道口、腟前庭(ちつぜんてい)、会陰(えいん)など)の総称です。  この外陰部に、細菌やウイルス、カビなどの病原体が感染したり、...

外陰炎の関連コラム

外陰炎治療時の注意点(女性の病気と妊娠・出産)

<br>外陰炎の治療で最も大切なのは、原因・誘引を除去することです。以前に同様の症状はなかったか、生理用品などの使用状況、薬剤の使用状況、全身的な症状の有無や精神的な不安・ストレスなど、なるべく自分... 続きを読む

外陰炎関連リンク

goo検索で調べよう

外陰とは、女性の性器の外側の部分(恥丘(ちきゅう)、大陰唇、小陰唇、陰核、外尿道口、腟前庭(ちつぜんてい)、会陰(えいん)など)の総称です。この外陰部に、細菌やウイルス、カビなどの病原体が感染したり、薬物などの化学物質、腟からの帯下(たいげ)(おりもの)などにより急性・慢性の炎症を引き起こした状態です。
炎症は、前述のような外的な原因に体の抵抗力の低下が加わって発症します。糖尿病やアレルギーのある人は、とくになりやすい傾向があります。また、老人や子どものように外陰部の皮膚や粘膜が弱い人でも発症しやすくなります。