肺膿瘍(肺化膿症)とは、肺炎と同様に肺胞(はいほう)に細菌が増殖し、それに対して生体側の白血球を主とする炎症細胞や感染防御物質が集まり、炎症を起こした状態の感染症ですが、それに組織の破壊(壊死(えし))を伴うのが特徴的な病態です。その結果、肺内に空洞が広がり、液状の壊死物質が空洞内にたまります。簡単にいうと肺に穴があき、その穴のなかにうみがたまった状態です。肺壊疽(えそ)や肺膿瘍とも呼ばれます。

肺化膿症,肺膿瘍の詳細

 肺化膿症は、肺炎と同様に肺胞(はいほう)に細菌が増殖し、それに対して生体側の白血球を主とする炎症細胞や感染防御物質が集まり、炎症を起こした状態の感染症ですが、それに組織の破壊(壊死(えし))を伴うの...
 肺膿瘍とは、肺胞性肺炎(はいほうせいはいえん)である細菌性肺炎が重症で広範囲にわたるため、肺の組織が壊されて腐ってしまい(壊死(えし))、うみがたまる(膿瘍)ことをいいます。  肺化膿症、肺膿瘍、肺...

肺化膿症,肺膿瘍関連リンク

goo検索で調べよう