むし歯,う蝕の詳細

 むし歯は、口のなかに常在している細菌の感染により歯質が軟らかくなり、崩壊していく病気です。日本では、食生活の変化とともに多くの人が罹患(りかん)するようになっています。  6年に一度行われる歯科疾患...
 乳歯のむし歯は、永久歯のむし歯と比べてかなり異なった病態となります。すなわち、むし歯が多発しやすいこと、急速に進行すること、歯の痛みがほとんどなく進行すること、活発な防御機転がはたらきやすいこと、な...

むし歯,う蝕の関連コラム

フッ化物とむし歯予防(歯と歯肉の病気)

<br>むし歯は、細菌が産生する酸によって歯の表面が溶解されてできる、穴のない初期むし歯として始まります。むし歯予防の基本的なメカニズムは、この初期むし歯に唾液のカルシウムとリン酸が補給され、新たな... 続きを読む

【図解付き】むし歯と歯周病の仕組み・むし歯の進行経過と治療

歯は「食べる」という生命維持に不可欠な行為の出発点―。ところが、歯の大切さを軽視し、治療を先送りにしたり、予防を怠る人が少なくありません。激痛のようなはっきりした症状が現れたときには、すでに歯の疾患... 続きを読む

赤ちゃんのむし歯予防は妊娠中から? むし歯をうつさない生活とは

もしもむし歯に悩んだことのある女性なら、自分に赤ちゃんが生まれたら丈夫な歯で育つように気をつけてあげよう、と考えるかも... 続きを読む

むし歯,う蝕関連のニュース

むし歯,う蝕関連リンク

goo検索で調べよう

むし歯は、口のなかに常在している細菌の感染により歯質が軟らかくなり、崩壊していく病気です。日本では、食生活の変化とともに多くの人が罹患(りかん)するようになっています。
6年に一度行われる歯科疾患実態調査の最近(2005年)の結果では、6歳における乳歯のむし歯および12歳における永久歯のう蝕有病歯率(ゆうびょうしりつ)(処置された、あるいは未処置のむし歯をもっている割合)がともに回を追うごとに減少してきています。すなわち、乳歯・永久歯ともむし歯の急増しやすい時期における減少傾向が認められます。
むし歯は、砂糖を含む食物との関連が深いことがわかっています。とくに毎日の砂糖を含む食物の摂取量が多いと、むし歯が多発することがあります。

むし歯の進行経過と治療

歯は「食べる」という生命維持に不可欠な行為の出発点―。ところが、歯の大切さを軽視し、治療を先送りにしたり、予防を怠る人が少なくありません。激痛のようなはっきりした症状が現れたときには、すでに歯の疾患はかなり進んでしまっています。

・0度

歯菌などから出る酸で硬組織(エナメル質)は侵されていますが、穴は空いていません。

フッ素などによる再石灰化処置が必要です。

・1度

エナメル質だけに穴が空いています。

自覚症状はないことが多いですが、穴は埋めなくてはなりません。

・2度

エナメル質の下の象牙質まで侵されます。

ここまで進行すると、冷たい水や空気が歯にしみるようになります。

・3度

歯髄まで侵され、歯髄炎をおこして痛みにおそわれます。

ここまでくると、神経を抜く根管治療が必要になります。

・4度

歯冠のエナメル質や象牙質はなくなってしまい、歯髄も死んだ状態です。抜歯などの処置が必要になる場合もあります。

砂糖とむし歯の関係

砂糖は、むし歯の大きな原因のひとつです。
図61 は、日本の砂糖の消費量とむし歯をもつ小学生の割合を表したものです。戦争によって、砂糖が手に入りにくかった時代はむし歯の子どもが少なく、その後、砂糖の消費量が増えるにしたがって、むし歯の子どもが増加していることがわかります。

 

また、砂糖は食べ方によっても、むし歯のできやすさが違います。
図62 は砂糖を食べたあとの歯垢(しこう)のpH変化を表したものです。

 pHは低いほど酸性が強いことを表します。歯の表面のエナメル質はpHが約5・5以下になると溶け始めます。通常、砂糖を食べても唾液などの作用により、歯垢のpHは曲線(ア)のようにしばらくすると上昇します。ところが、お菓子などをだらだら食べていると、曲線(イ)のように、歯垢のpHは上昇するひまがなく、エナメル質は常に酸にさらされた状態になります。

 このように、間食として砂糖を飲食することが、むし歯をつくる大きな原因と考えられています。

代用甘味料

 私たちが甘味料として最も多く利用している砂糖の主成分は、ショ糖(スクロース)といいます。ショ糖は味のよさ、加工しやすさ、高いエネルギー価などの利点をもつ反面、とりすぎると肥満、糖尿病 、そしてむし歯 の原因になるという欠点があります。

 現在、ショ糖の欠点をもたない代用甘味料がいろいろ開発され、ダイエットやむし歯予防のために、お菓子や清涼飲料などの甘味食品に用いられています。

 ショ糖がむし歯の原因になるのは、口のなかで酸や歯垢ができるもとになるためです。そのため、むし歯予防を目的に使われる代用甘味料には、口のなかで酸や歯垢になりにくいものが望まれます。

 最近では、ただ酸になりにくいだけでなく、歯垢をつきにくくしたり、歯を溶けにくくしたり(再石灰化作用)する作用をもち、より進んでむし歯を予防するような代用甘味料が開発されています。

 現在よく使われている代用甘味料と、そのむし歯予防効果を表4 にまとめました。