本症の抗原はさまざまですが、とくにカビ、有機粉塵(ゆうきふんじん)、鳥の糞などを吸入することによって起こるアレルギー性の肺疾患のひとつで、主として肺の間質(かんしつ)に広く炎症がみられます。肺炎のような症状を起こしますが、感染症ではありません。男女を問わず、あらゆる年齢層にみられます。

過敏性肺炎が夏に多い理由とは

じめじめして蒸し暑い梅雨どき、高温多湿を好むカビにとって家の中は絶好の環境となります。カビは微生物の一種できのこや酵母など真菌類の仲間。しょうゆやみそ、酒をつくるうえで欠かせない有用なカビから、健康被害をもたらすものまで、さまざまな種類があります。

 家の中のカビというと、浴室・洗面所やキッチンなど水回りが気になると思いますが、 カビはリビングや寝室、クローゼット、押入れ、靴箱など、家中あらゆる場所 にひそんでいます。 エアコンや加湿器、掃除機、カーテンやカーペット、布団やベッドのマットレス なども要注意です!

 あまり知られていませんが、 カビがアレルギー性の肺炎を引き起こす こともあります。なかでも日本で多いのが 「夏型過敏性肺炎」 。これは、家の中で繁殖した トリコスポロンというカビの胞子 をくり返し吸い込むことで発症する病気で、高温多湿の夏季を中心に多くみられます。 症状はせきや発熱、息苦しさなど、夏かぜと間違われやすいので注意が必要 です。

 毎年夏だけ同じ症状が出たり、夏でも旅行などで家を留守にする(カビのある環境から離れる)と症状が治まるなどの特徴があれば、「夏型過敏性肺炎」かもしれません。
 この病気を放置すると症状が慢性化する恐れがあります。そうなると肺の機能が徐々に低下して家から出ても症状が治まらなくなり、やがて呼吸不全を起こすこともあるため、早めの治療と予防対策が必要です。

過敏性肺炎やアレルギーを予防するには

カビによるアレルギー性疾患を防ぐには、 原因となるカビを除去し、生やさない、増やさないことが大切 。まず水回りなどの目に見えるカビは、いつもの洗剤やカビ取り剤、アルコールなどで取り除きます。カーテンにカビが生えていたら洗濯しましょう。
 カビはほこりの中にもたくさん混ざっています。こまめに掃除機をかけたり拭き掃除をしてほこりを取り除くことが大切です。

 カビを生やさないため、 家の中の風通しをよくして除湿、乾燥を心がけましょう 。お天気の良い日は窓を開けて空気を入れ替えればよいですが、梅雨どきはエアコンの除湿機能などを上手に利用しましょう。

 しかし、エアコン内部もカビが生えやすい場所です。エアコンは季節の使い始めはもちろん、定期的にフィルター掃除を。こまめに掃除機でホコリを吸い取り、月に一度は洗剤で水洗いして、しっかり乾燥させてから戻しましょう。エアコンをつけたときかび臭いと感じるようなら、専門業者にクリーニングしてもらうとよいでしょう。

 ほかに、入浴後は浴室の水気を拭き取って換気扇を回す、調理中は換気扇を回す、調理後は調理台やシンクの水気を拭き取ることなども、湿気を防いでカビ予防に役立ちます。
 雨に濡れた傘は外で乾かしてからしまう、脱いだ靴は乾いてから靴箱にしまうことなども大切です。

過敏性肺炎の詳細

 過敏性肺炎は、抗原の反復吸入によって起こるアレルギー性肺炎です。急性のものと慢性のものとがあり、急性のものでは原因抗原から離れることにより回復しますが、慢性になると病変と症状は続き、進行することがあ...
 本症の抗原はさまざまですが、とくにカビ、有機粉塵(ゆうきふんじん)、鳥の糞などを吸入することによって起こるアレルギー性の肺疾患のひとつで、主として肺の間質(かんしつ)に広く炎症がみられます。肺炎のよ...

過敏性肺炎関連リンク

goo検索で調べよう