化膿性関節炎の詳細

 関節内に何らかの原因で細菌が入り、関節内が化膿してしまう病気です。この状態が続くと、関節の表面の軟骨が壊され、さらに骨まで破壊されるため、治療が遅れると関節の障害が残ります。そのために緊急性を要する...
 細菌が関節内に侵入して化膿する病気です。関節炎(関節リウマチ)や、持続する菌血症(きんけつしょう)がみられる心内膜炎(しんないまくえん)などに合併しやすく、また近年では、関節鏡検査や人工関節置換(ち...

化膿性関節炎関連リンク

goo検索で調べよう

化膿性関節炎とは、関節内に何らかの原因で細菌が入り、関節内が化膿してしまう病気です。この状態が続くと、関節の表面の軟骨が壊され、さらに骨まで破壊されるため、治療が遅れると関節の障害が残ります。そのために緊急性を要する病気のひとつといえます。