血管肉腫の詳細

 血管をかたちづくっている血管内皮細胞と呼ばれる細胞由来の肉腫です。発生率は低く、全肉腫の1%程度に過ぎません。転移(病気が最初に発生した部位から、悪性の細胞が血液やリンパ液の流れにのってのほかの臓器...
 広義の血管(脈管)肉腫すなわち血管の悪性腫瘍は、(1)悪性血管内皮細胞腫(あくせいけっかんないひさいぼうしゅ)、(2)悪性血管外皮(けっかんがいひ)細胞腫、(3)カポジ肉腫に分類されます。  さらに...

血管肉腫関連リンク

goo検索で調べよう

血管をかたちづくっている血管内皮細胞と呼ばれる細胞由来の肉腫です。発生率は低く、全肉腫の1%程度に過ぎません。転移(病気が最初に発生した部位から、悪性の細胞が血液やリンパ液の流れにのってのほかの臓器に移ること)や再発(手術した場所にもう一度病気が発生すること)が起こりやすく、治療の難しい肉腫のひとつです。
手足の軟部組織のほか、皮膚や肝臓にも発生します。軟部組織に発生する例では、50代以降の比較的高齢の患者さんが多いみられます。