ケーラー病,フライバーグ病,第2ケーラー病の詳細

 繰り返し圧迫力がかかることによって足舟状骨(あししゅうじょうこつ)(図35)への血行が一時的に障害されて生じる足部骨端症(そくぶこったんしょう)(無腐性壊死(むふせいえし))のひとつです。
 繰り返し圧迫力がかかることによって中足骨骨頭部(ちゅうそくこつこつとうぶ)(図35)への血行が一時的に障害されて生じる足部骨端症(そくぶこったんしょう)(無腐性壊死(むふせいえし))のひとつです。初...
 足の甲の内側にある舟状骨(しゅうじょうこつ)(舟の形をした骨)に発生する骨端症(こったんしょう)で、足部の疼痛を生じます。1908年、ケーラーにより報告されたので、この名前がついています。  4〜8...