かぜ症候群は、咳(せき)、鼻水、くしゃみを主症状とする上気道感染症で、発熱、咽頭痛(いんとうつう)、全身倦怠感(けんたいかん)、食欲低下などを伴う場合があります。80〜90%はウイルスが原因です。通常は数日の経過で自然に治り、予後は良好です。乳幼児では一般にかかる頻度が高く、発熱を伴う頻度も高くなります。

かぜをひきにくい体になるには…

かぜの予防法は、 ウイルスに感染しても発症しないだけの免疫力を保つ発症予防と、ウイルス感染そのものを予防する感染予防 の2つに分けられます。

 かぜを一度ひくと、その原因となったウイルスに対して免疫ができ、同じウイルスには感染しにくくなります。これは、ウイルスに対する免疫の間接攻撃です。免疫にはもうひとつ、 侵入してきたウイルスに即座に攻撃し撃退する働き もあり、こちらは、いわば直接攻撃です。かぜの予防では、後者の直接攻撃力が重要になります。この直接攻撃を可能にする攻撃力を維持するためには、 規則正しい生活とバランスのとれた食事が不可欠 です。

 免疫というのは、体内の器官や組織(骨髄やリンパ節、胸腺、脾臓、血管、皮膚、腸管、気管など)が相互に協力し合って構成しているシステムです。そのため、 睡眠や疲労度、食事内容など、体調を左右する誘因に免疫力も影響される のです。不規則な生活や偏った食事、運動不足、肥満、ストレス、喫煙などが免疫力を低下させる要因になります。

 このほか、アスピリンやステロイド、免疫抑制薬、がん治療薬の使用や、抗菌薬(抗生物質)の長期使用によっても、免疫力が低下しやすいとされています。また、これらの医薬品を使用する原因となった病気そのものも免疫力を低下させることが多いのです。

ウイルスの感染を予防するには…

感染予防では、何よりも %(orange)手洗いを習慣にすることが重要% です。ウイルスはおもに口と鼻を介してからだに入りますが、手が仲介するケースがとても多いのです。ウイルスのついたドアノブや道具類などに触れた手で口や鼻に触ることで感染が生じます。

 また、外出時には衣服にウイルスが付着する可能性があるため、 %(orange)外から帰ったら、着替えをすることも予防ポイント% のひとつです。さらに、水によるうがいには、ウイルスを殺すだけの作用はないものの、のどについたウイルスを洗い流す効果は期待できます。ウイルスはのどに到達すると数十分で粘膜内に侵入するので、かぜをひいた人と接するなど感染の機会があったと思われるときには、うがいをすることが大切です。

 もうひとつ、 %(orange)とても重要なのが空調% です。まず、換気は、室内のウイルス濃度を高めないために有効です。また、空気の乾燥しやすい冬場は加湿器を使うことによって、乾燥に強いインフルエンザウイルスに感染しにくい室内環境を保つことができます。

 これからマスクをした人が増えてきますが、残念ながら、 %(orange)マスクにはかぜの予防効果はない% といわれています。ただし、感染者のマスク着用は飛沫感染をある程度抑制するので、マスクの着用は、かぜをひいた人のエチケットとして定着させたいものです。

かぜ症候群の詳細

 発熱、鼻みず、咳(せき)、時に下痢などの胃腸症状を伴う病気で、さまざまな種類のかぜウイルスが原因です。かぜウイルスの種類は無数にあるので、1回かかったらもうかからないというわけにはいきません。何回で...
 咳(せき)、鼻水、くしゃみを主症状とする上気道感染症で、発熱、咽頭痛(いんとうつう)、全身倦怠感(けんたいかん)、食欲低下などを伴う場合があります。80〜90%はウイルスが原因です。通常は数日の経過...

かぜ症候群関連リンク

goo検索で調べよう