結核性髄膜炎の詳細

 亜急性に発症することが特徴で、病理所見では、髄膜の混濁、肥厚(ひこう)がみられ、その変化は脳底部(のうていぶ)で強く、脳底髄膜炎とも呼ばれます。
 結核菌の感染によって生じる髄膜炎で、現在でも死亡率の高い病気です。約2週間の経過で頭痛、発熱、意識障害が進行し、失明、難聴、水頭症(すいとうしょう)などの重い後遺症を残すことが多い難治性疾患で、早期...

結核性髄膜炎関連リンク

goo検索で調べよう

結核性髄膜炎とは、結核菌の感染によって生じる髄膜炎で、現在でも死亡率の高い病気です。約2週間の経過で頭痛、発熱、意識障害が進行し、失明、難聴、水頭症(すいとうしょう)などの重い後遺症を残すことが多い難治性疾患で、早期に適切な治療が必要です。ほかの細菌性髄膜炎と比べ、亜急性(あきゅうせい)の発症・経過で、脳底髄膜炎(のうていずいまくえん)を示すことが多い病気です。
粟粒(ぞくりゅう)結核の75〜86%に発症します。以前は主に小児の疾患でしたが、現在では成人や老人が大半を占めるようになりました。