レプトスピラ症,ワイル病の詳細

 ワイル病(レプトスピラ病)は病原性レプトスピラの感染により起こる人獣(じんじゅう)共通のスピロヘータ感染症です。レプトスピラによる感染症を総称してレプトスピラ病と呼びます。  病原性レプトスピラは、...
 ワイル病、秋疫(あきやみ)などに代表されるレプトスピラ症は、病原性レプトスピラ感染に起因する動物由来の細菌(スピロヘータ)感染症です。レプトスピラ症は全世界的に流行しており、保菌動物の排尿によって病...

レプトスピラ症,ワイル病関連リンク

goo検索で調べよう

ワイル病、秋疫(あきやみ)などに代表されるレプトスピラ症は、病原性レプトスピラ感染に起因する動物由来の細菌(スピロヘータ)感染症です。レプトスピラ症は全世界的に流行しており、保菌動物の排尿によって病原体に汚染された環境から経皮的、経口的に感染します。
重症型であるワイル病の死亡率は5〜40%であり、治療開始時期が遅れるほど死亡率は高くなる傾向にあります。軽症型レプトスピラ症の予後は一般に良好です。