遺伝性か、妊娠中に起こる何らかの影響により出生時に難聴がある場合、先天性難聴といいます。 出生1000人あたり1人の割合で生まれる、頻度が高い先天性の病気です。 原因は、遺伝子異常、サイトメガロウィルス感染、髄膜炎、高ビリルビン症、仮死、聴器毒性薬物などによって生じるコルチ器の感覚有毛細胞の障害。このように病理学的に結果は同じでも原因はさまざまです。

先天性難聴の詳細

 遺伝性か、妊娠中に起こる何らかの影響により出生時に難聴がある場合、先天性難聴といいます。
 先天性難聴は出生1000人あたり1人の割合で生まれる、頻度が高い先天性の病気です。

先天性難聴関連リンク

goo検索で調べよう