一般にカビと称される真菌による肺感染症です。主な原因菌としては、アスペルギルスとクリプトコックスが知られています。肺真菌症の大半は、日和見(ひよりみ)感染症(コラム)として発症します。 アスペルギルスが免疫能の低下した、とくに好中球(こうちゅうきゅう)の数や機能が減弱した患者さんに感染した場合には、最も重篤な病型である侵襲性(しんしゅうせい)肺アスペルギルス症として発症します。免疫能の低下が軽い場合には、菌の組織内への侵襲の程度が弱く、慢性の経過をたどる慢性壊死性(えしせい)肺アスペルギルス症などを発症します。

肺真菌症の詳細

 近年、患者層が高齢化し、ステロイドホルモン薬に代表される免疫抑制薬の投与、さらに臓器移植などの高度医療の結果、免疫状態の不良な宿主に発症する病気です。カンジダ、アスペルギルス、クリプトコッカス、ムー...
 一般にカビと称される真菌による肺感染症です。主な原因菌としては、アスペルギルスとクリプトコックスが知られています。肺真菌症の大半は、日和見(ひよりみ)感染症(コラム)として発症します。  アスペルギ...

肺真菌症関連リンク

goo検索で調べよう