心疾患,後天性心疾患の詳細

 後天性心疾患とは、おおまかにいうと形態的な心臓の奇形以外の心臓病、あるいは生まれたあとに発症してくる心臓病と考えてよいでしょう。  子どもの後天性心疾患の特徴としては、大人の心臓病で圧倒的に多い虚血...
 先天性心疾患は先天異常ですので、ここでは後天性心疾患について述べます。

心疾患,後天性心疾患の関連コラム

健康用語の解説 虚血性心疾患

心臓の筋肉(心筋)に血液を送っている動脈(冠動脈)の内側が狭くなったり塞がったりすることで、心筋が酸... 続きを読む

急死した前田健。死因となった「虚血性心疾患」とは?【芸能人の健康まとめ】

タレント前田健さんが44歳の若さで急死されました。 発表された死因は虚血性心疾患。突然死を招く危険をはらむ心疾患と、... 続きを読む

【図解付き】心臓の病気の仕組み・心筋梗塞・虚血性心疾患・狭心症

ある日突然、「このまま死んでしまうのではないか?!」と思うほどの胸痛発作におそわれる……。そんな激しい胸痛が30分以上続き、時に致命的となる疾病が「心筋梗塞」です。日本人の死因、第2位を占める心臓病... 続きを読む

先天性心疾患の頻度(循環器の病気)

<br>先天性心疾患の発生する頻度は、どの時代でも世界的にほぼ一定していて、人種的および時代的に大きな差は認められないといわれてきました。 <br>発生の頻度は新生児1000人に対して7〜8人、軽い... 続きを読む

心疾患,後天性心疾患関連のニュース

心疾患,後天性心疾患関連リンク

goo検索で調べよう

後天性心疾患とは、おおまかにいうと形態的な心臓の奇形以外の心臓病、あるいは生まれたあとに発症してくる心臓病と考えてよいでしょう。
子どもの後天性心疾患の特徴としては、大人の心臓病で圧倒的に多い虚血性(きょけつせい)心疾患が少なく、小児期に発症しやすい全身疾患の一徴候として発症することが多いことがあげられます。