目は光によってものの色や形、遠近、動きなどを感じる感覚器官です。私たちは五感を使って外界の情報をキャッチしていますが、なかでも目(視覚)は、情報全体の約80%を捉えるといわれます。耳(聴覚)は声や物音、鼻(嗅覚=きゅうかく)はにおい、舌(味覚)は味や温度、皮膚(触角)は物の手触りや重さ、温度などの情報をキャッチしますが、その前後に必ず見て確かめようとします。つまり、目は私たちが最も頼りにするセンサーといえます。

目のつくりと物が見えるメカニズムとは?

ものを見るという役目を担うのは眼球と視神経です。眼球は頭蓋骨(ずがいこつ)に左右にくりぬかれた眼窩(がんか)の中に収まっていて、前はまぶた、後ろは脂肪のクッションで保護され、視神経によって脳につながっています。また、眼球は外側から外膜、中膜、内膜と3層の膜で包まれ、その中に水晶体と硝子体(しょうしたい)、眼房水(がんぼうすい)が入っていて、ここを光が通過していきます。

●外膜… 線維の多い丈夫な膜で、前からみて後方の約5/6は強膜(きょうまく)といい、白色不透明でいわゆる白目です。前方の約1/6は角膜(かくまく)といい、黒目に当たります。角膜は本来透明な膜なのですが、下の虹彩(こうさい)の色が透けて見えています。

●中膜… 血管とメラニン色素の多い膜で、後方の脈絡膜(みゃくらくまく)と、前方で水晶体を輪のように取り巻く毛様体(もうようたい)、さらに毛様体の前端にあって水晶体を取り囲む虹彩から成ります。 虹彩は色素や血管、神経などの多いドーナツ状の膜で、穴の部分は瞳孔 (どうこう)といいます。 暗いときには瞳孔を広げ、明るいと逆に狭めて入ってくる光の量を調節しています 。虹彩の色は、色素細胞が多い日本人は茶褐色、色素細胞が少ない白人は青色や灰色に見えます。

●内膜… 眼球壁の最も内側で網膜(もうまく)があり、後方で視神経とつながっています。網膜は軟らかくて剥離(はくり)しやすい膜です。

瞳孔の先天異常・後天異常の詳細

 先天性無虹彩症は、いわゆる茶目の部分が欠損している状態のことで、5〜10万人に1人の頻度で認められます。3分の2は常染色体優性遺伝で、3分の1は散発性です。  虹彩欠損は虹彩の一部(主に下方のやや鼻...
 眼交感神経の異常により瞳孔不同・眼瞼下垂(がんけんかすい)・発汗障害などが起きる状態です。  副交感神経の障害により瞳孔不同が起こる状態です。20〜40才の女性に多く、80%以上は片眼性です。  動...

瞳孔の先天異常・後天異常関連リンク

goo検索で調べよう