アズレン散含嗽用の効能・用量・副作用など

アズレン散含嗽用の特徴

ヨード系のうがい薬が口腔内の殺菌を目的とするのに対し,アズレンスルフォン酸ナトリウムを含むうがい薬は炎症を抑えることを目的として処方されます。「うがい」といってもゴロゴロのどを鳴らしてすぐ吐き出すよりも,口に含んで炎症部分に十分に接触させる方が理にかなっています。万一飲み込んでも,アズレンスルフォン酸ナトリウムは胃腸薬として内服薬にも用いられている成分なので,神経質になる必要はありません。

処方薬/市販薬 (OTC) 処方薬
分類 その他の外用薬 > うがい用薬 > アズレンスルフォン酸ナトリウム水和物うがい用薬
形状 含嗽剤 
同じ分類の薬 アクロマイシントローチ   アズノールST錠口腔用   ジェネリック薬: アズガグルうがい液T   アズノールうがい液   アズレイうがい液  

アズレン散含嗽用 メーカー別薬価など

会社 キョーリンリメディオ
杏林製薬
保険薬価 含嗽剤0.4% 1g 6.20円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載
包装コード:
AS 06
会社 武田テバ薬品
保険薬価 含嗽剤0.4% 1g 6.20円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載
包装コード:
TYK 112


アズレン散含嗽用の効能・効果

咽頭炎,扁桃炎,口内炎,急性歯肉炎,舌炎,口腔創傷

アズレン散含嗽用の使用上の注意と副作用

基本的注意

*アズレイうがい液などの添付文書による

(1)使用方法……1回量を適量(約100mL)の水または微温湯に溶かし,1日数回うがいします。年齢,症状により適宜増減します。
(2)抜歯後などの口腔創傷の場合……血餅(けっぺい)の形成が阻害されると思われる時期には,激しい洗口は避けます。

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

他の薬剤使用時の注意

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。