アブストラル舌下錠の効能・用量・副作用など

アブストラル舌下錠の特徴

フェンタニルクエン酸塩は,強い鎮痛効果をもつオピオイド(モルヒネ様物質)です。以前から外用薬,注射薬は発売されていましたが,イーフェンはバッカル剤,アブストラルは舌下錠という口の中に含んで粘膜から徐々に吸収させる剤形で,突出痛(一時的に増強する痛み)に対して速やかに効果を発揮します。飲み込んでしまった場合,小腸から吸収されたフェンタニルは肝臓で代謝され効果を失ってしまうので,注意が必要です。

処方薬/市販薬 (OTC) 処方薬
分類 がんに使われるその他の薬剤 > がん疼痛治療薬(4) > フェンタニルクエン酸塩
形状 錠剤 
同じ分類の薬 イメンドカプセル   イーフェン   オキシコンチン   ジェネリック薬: オキシコドン徐放カプセル   オキシコドン徐放錠  

アブストラル舌下錠 メーカー別薬価など

会社 久光製薬
協和発酵キリン
保険薬価 錠剤100μg 1錠 581.80円
錠剤200μg 1錠 811.90円
錠剤400μg 1錠 1,132.80円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載
包装コード:
KH 11 100μg
KH 12 200μg
KH 13 400μg
本体コード:
KH 11
KH 12
KH 13


アブストラル舌下錠の効能・効果

強オピオイド鎮痛薬を定時投与中のがん患者における突出痛の鎮痛

アブストラル舌下錠の使用上の注意と副作用

警告

 本剤を小児が誤って口に入れた場合,過量投与となり死に至るおそれがあるため,必ず小児の手の届かないところに保管してください。

基本的注意

*イーフェンの添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……呼吸機能障害(慢性肺疾患など)/ぜんそく/徐脈性不整脈/肝機能障害/腎機能障害/脳の器質的障害(頭蓋内圧の亢進,意識障害・昏睡,脳腫瘍など)/口内炎,口腔内出血,口腔粘膜の欠損/薬物依存の前歴/高齢者
(3)服用方法……イーフェンは口腔粘膜から吸収させる製剤(バッカル剤)であるため,噛んだり,舐めたりせずに服用します。上あごの歯茎と頬の間に薬を置き,溶解させます。なるべく左右交互に使用します。また,アブストラル舌下錠は舌下の奥の方に入れて自然に溶解させ,舌下の口腔粘膜から吸収させます。
(4)依存性,乱用・誤用……本剤の連用により薬物依存を生じたり,乱用や誤用により死亡に至る可能性があるので,必ず指示された用量を守って服用してください。
(5)グレープフルーツジュース……本剤の作用を強めるおそれがあるので,本剤とグレープフルーツジュースを一緒に飲まないようにします。
(6)危険作業は中止……本剤を服用すると,眠け,めまいをおこすことがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(7)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

①連用による薬物依存,連用中の急激な減量・中止による退薬症候。②呼吸抑制(無呼吸,呼吸困難,呼吸異常,呼吸緩慢,不規則な呼吸,換気低下など)。③意識障害(意識レベルの低下,意識消失など)。④ショック,アナフィラキシー。⑤けいれん。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

その他副作用

(1)おこることがある副作用……悪心,嘔吐,便秘,口内炎,口内乾燥,口唇炎,下痢,適用部位反応(出血,疼痛,潰瘍,刺激感,錯感覚,感覚消失,紅斑,浮腫,腫脹,小水疱),腹痛,イレウス,胃食道逆流疾患,味覚異常/眠け・傾眠,めまい,頭痛,せん妄,多幸気分,幻覚,錯乱状態,鎮静,精神状態変化,うつ病,不安/徐脈,上室性期外収縮,心室性期外収縮/呼吸数減少,睡眠時無呼吸症候群/排尿困難,尿閉/紅斑,かゆみ,皮膚乾燥,多汗症/目の異常感,霧視/倦怠感,発熱,口渇,ほてり,灼熱感,末梢性浮腫,無力症,体重減少,食欲不振
(2)検査などでわかる副作用……貧血/低血圧/低酸素症/血中ビリルビン増加,γ-GTP・ALT・AST・AL-P増加,胆管拡張/血中ブドウ糖増加,尿中ブドウ糖陽性,尿中蛋白陽性,尿中ウロビリノーゲン増加,血中カルシウム・カリウム減少,血中尿酸増加,血中アルブミン減少,性腺機能低下

他の薬剤使用時の注意

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

(1)併用すると呼吸抑制,低血圧,顕著な鎮静,昏睡がおこることがある薬剤など……中枢神経抑制剤(フェノチアジン系薬剤フェノチアジン系薬剤,ベンゾジアゼピン系薬剤ベンゾジアゼピン系催眠薬ベンゾジアゼピン系安定薬,バルビツール酸系薬剤バルビツール酸誘導体など),吸入麻酔薬,モノアミン酸化酵素阻害薬モノアミン酸化酵素の働き,三環系抗うつ薬三環系抗うつ薬,骨格筋弛緩薬,鎮静性抗ヒスタミン薬,オピオイド系薬剤/アルコール
(2)併用するとセロトニン症候群(不安,焦燥,興奮,錯乱,発熱,発汗,頻脈,ふるえなど)が現れるおそれがある薬剤……セロトニン作用薬(選択的セロトニン再取り込み阻害薬選択的セロトニン再取り込み阻害薬,セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬,モノアミン酸化酵素阻害薬など)
(3)併用すると本剤の血中濃度を上昇させるおそれがある薬剤……CYP3A4を阻害する薬剤(リトナビルエイズ治療薬(2),イトラコナゾール深在性真菌治療薬,アミオダロン塩酸塩アミオダロン塩酸塩,クラリスロマイシンマクロライド,ジルチアゼム塩酸塩カルシウム拮抗薬,フルボキサミンマイレン酸塩選択的セロトニン再取り込み阻害薬など),キニジン硫酸塩水和物キニジン硫酸塩水和物
(4)併用すると本剤の血中濃度を低下させるおそれがある薬剤……CYP3A4を誘導する薬剤(リファンピシンリファンピシン,フェニトインフェニトインなど)

アブストラル舌下錠 - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)