アミノ安息香酸エチル軟膏の効能・用量・副作用など

アミノ安息香酸エチル軟膏の特徴

ここにまとめた薬剤は,皮膚の収斂・消炎・保護などのために古くから使用されています。なお次没食子酸ビスマスは,内服の下痢止めとして用いることもあります。

処方薬/市販薬 (OTC) 処方薬
分類 湿疹・おでき類の薬 > その他の鎮痛・消炎・収斂剤 > アミノ安息香酸エチル
形状 軟膏剤 
同じ分類の薬 アクアチムクリーム   アクアチムローション   アクアチム軟膏   アクリノール・チンク油   アクロマイシン軟膏  

アミノ安息香酸エチル軟膏 メーカー別薬価など

会社 丸石製薬
保険薬価 軟膏剤10% 10g 22.40円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載


アミノ安息香酸エチル軟膏の効能・効果

[アミノ安息香酸エチルの適応症]外傷・熱傷・日焼け・皮膚潰瘍・掻痒症・痔疾の鎮痛・鎮痒
[次没食子酸(じもっしょくしさん)ビスマスの適応症]皮膚のびらん・潰瘍・痔疾の保護・収斂・乾燥(内服する場合:下痢症)
[酸化亜鉛・液状フェノール配合剤の適応症]皮膚掻痒症,汗疹,じん麻疹,小児ストロフルス,虫刺され
[酸化亜鉛・カラミン配合剤の適応症]湿疹・皮膚炎・汗疹・第一度のやけど・日焼けの収斂・保護

「アミノ安息香酸エチル軟膏」を含むQ&A

もっと見る

アミノ安息香酸エチル軟膏の使用上の注意と副作用

基本的注意

*アミノ安息香酸エチル,次没食子酸ビスマス,酸化亜鉛・液状フェノール配合剤,酸化亜鉛・カラミン配合剤の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……[アミノ安息香酸エチル]本剤の成分に対するアレルギーの前歴
[次没食子酸ビスマス]慢性消化管通過障害,重い消化管潰瘍/出血性大腸炎(O(オー)157など)
[酸化亜鉛・液状フェノール配合剤]びらん・潰瘍・結痂・損傷のある皮膚・粘膜
[酸化亜鉛・カラミン配合剤]重度または広範囲の熱傷/湿潤している患部
(2)使用してはいけない部位……本剤を眼には使用しないでください。

副作用の注意
重大な副作用

[次没食子酸ビスマス]①(ビスマス含有外用剤の長期連続使用にて)頭痛,記憶力減退,集中力低下,ふるえ,間代性けいれん,昏迷,運動障害などの精神神経系障害。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

他の薬剤使用時の注意

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。