アラセナA軟膏の効能・用量・副作用など

アラセナA軟膏の特徴

アシクロビルは単純ヘルペスウイルスの増殖を,ビダラビンは単純ヘルペスウイルス,サイトメガロウイルス,アデノウイルス,水痘・帯状疱疹ウイルスなどの増殖を抑えます。いずれも発病初期に近いほど効果があるので,使用開始は早いことが望まれます。
口唇ヘルペスの再発に限ってアシクロビルのOTC薬(大衆薬)が第1類医薬品として発売されているので,薬局でご相談ください。

処方薬/市販薬 (OTC) 処方薬
分類 その他の皮膚病の薬 > 抗ウイルス外用薬 > ビダラビン
形状 軟膏剤 
同じ分類の薬 アラセナAクリーム   ジェネリック薬: アシクロビル軟膏   アセチロールクリーム   アルファタカシルクリーム   アルファタカシル軟膏  

アラセナA軟膏 メーカー別薬価など

会社 持田製薬
保険薬価 軟膏剤3% 1g 304.60円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載
包装コード:
MO 20 E


アラセナA軟膏の効能・効果

単純疱疹
[ビダラビンのみの適応症]帯状疱疹

アラセナA軟膏の使用上の注意と副作用

基本的注意

*ビダラビン(アラセナA軟膏,クリーム),アシクロビル(ゾビラックス軟膏)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
[アシクロビルのみ]バラシクロビル塩酸塩ヘルペスウイルス感染症治療薬に対するアレルギーの前歴
(2)接触禁止……[ビダラビン]本剤は,コンドームなどの避妊用ラテックスゴム製品の品質を劣化・破損する可能性があるため,これらとの接触は避けてください。
(3)その他……
・妊婦での安全性:[ビダラビン]未確立。有益と判断されたときのみ使用。[アシクロビル]有益と判断されたときのみ使用。
・低出生体重児,新生児,乳児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

他の薬剤使用時の注意

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。