エピレオプチマルの効能・用量・副作用など

エピレオプチマルの特徴

トリメタジオンとエトスクシミドは,強直間代発作(大発作)やミオクローヌスけいれん(両側四肢の筋けいれん)を伴わない欠神発作に有効です。欠神発作は,突然意識を失い,20~30秒後に意識が回復してもとの動作に戻る小発作です。

処方薬/市販薬 (OTC) 処方薬
分類 けいれん・てんかんの薬 > オキサゾリジン系抗けいれん薬 > エトスクシミド
形状 散剤 
同じ分類の薬 アクセノン末   アレビアチン   イノベロン   イーケプラ   イーケプラドライシロップ  

エピレオプチマル メーカー別薬価など

会社 エーザイ
保険薬価 散剤50% 1g 42.00円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載


エピレオプチマルの効能・効果

定型欠神発作(小発作)/小型(運動)発作:ミオクロニー発作,失立(無動)発作,点頭てんかん(幼児けい縮発作,BNSけいれんなど)

エピレオプチマルの用法・用量

1日0.45~1g(シロップ9~20mL)を2~3回に分けて服用。小児は処方医の指示通りに。

エピレオプチマルの使用上の注意と副作用

基本的注意

*トリメタジオン(ミノアレ)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギー/重い肝機能障害・腎機能障害/重い血液障害/網膜・視神経障害/妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)慎重に服用すべき場合……薬物過敏症
(3)定期検査……連用中は,定期的に肝機能や腎機能,血液,視力などの検査を行う必要があります。
(4)危険作業は中止……本剤を服用すると,眠け,注意力・集中力・反射運動能力などの低下がおこることがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

①皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN),SLE(全身性エリテマトーデス)様症状(発熱,紅斑,関節痛,肺炎,白血球減少,血小板減少,抗核抗体陽性など)。②再生不良性貧血,汎血球減少。③筋無力症。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

その他副作用

(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(猩紅熱(しょうこうねつ)様・麻疹様・中毒疹様発疹)
(2)すぐに処方医に連絡する副作用……出血傾向
(3)次回,受診した際に処方医に伝える副作用……黄疸などの肝機能障害/腎障害/眠け,めまい,頭痛,倦怠感,神経過敏,運動失調,不眠,性格変化/まぶしさ,複視,視覚障害/食欲不振,悪心・嘔吐/体重減少,脱毛
(4)検査などでわかる副作用……血小板・白血球減少

他の薬剤使用時の注意

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。