カルボシステインシロップの効能・用量・副作用など

カルボシステインシロップの特徴

気道の粘液の分泌をさかんにさせると同時に,たんや膿(うみ)の成分であるムコ多糖類を細断することにより,たんの切れをよくするといわれています。

処方薬/市販薬 (OTC) 処方薬
分類 痰の切れをよくする薬 > システイン誘導体 > カルボシステイン
形状 シロップ剤 
同じ分類の薬 ジェネリック薬: アンキソール   アンブロキソール塩酸塩   アンブロキソール塩酸塩シロップ   アンブロキソール塩酸塩内用液   アンブロキソール塩酸塩徐放カプセル  

カルボシステインシロップ メーカー別薬価など

会社 大興製薬
日本ジェネリック
保険薬価 シロップ剤5% 1mL 2.60円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載
会社 高田製薬
保険薬価 シロップ剤5% 1mL 2.60円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載
会社 武田テバファーマ
田辺三菱製薬
田辺製薬販売
保険薬価 シロップ剤5% 1mL(小児用) 2.60円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載
会社 東和薬品
保険薬価 シロップ剤5% 1mL(小児用) 2.60円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載
会社 小林化工
保険薬価 シロップ剤10% 1mL 6.00円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載


カルボシステインシロップの効能・効果

[L-エチルシステイン塩酸塩]急性・慢性気管支炎,肺結核のたんの除去/手術後の喀痰喀出困難/慢性副鼻腔炎の排膿
[L-メチルシステイン塩酸塩]感冒,気管支ぜんそく,急性・慢性気管支炎,気管支拡張症,肺結核,上気道炎(咽頭炎,喉頭炎),けい肺のたんの除去/慢性副鼻腔炎の排膿
[カルボシステイン]上気道炎(咽頭炎、喉頭炎),気管支ぜんそく,急性・慢性気管支炎,気管支拡張症,肺結核のたんの除去/慢性副鼻腔炎の排膿/[小児(シロップ・DS・ドライシロップ)]滲出性中耳炎の排液
[フドステイン]気管支ぜんそく,慢性気管支炎,気管支拡張症,肺結核,じん肺症,肺気腫,非定型抗酸菌症,びまん性汎細気管支炎のたんの除去

カルボシステインシロップの用法・用量

1回500mg(細粒剤・ドライシロップは1g)を1日3回。幼・小児は処方医の指示通りに服用。

「カルボシステインシロップ」を含むQ&A

もっと見る

カルボシステインシロップの使用上の注意と副作用

基本的注意

*L-エチルシステイン塩酸塩(チスタニン),L-メチルシステイン塩酸塩(ペクタイト),カルボシステイン(ムコダイン,DS),フドステイン(クリアナール)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……[L-メチルシステイン塩酸塩,カルボシステイン]本剤に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……肝機能障害,心機能障害
(3)服用法……[L-エチルシステイン塩酸塩,L-メチルシステイン塩酸塩]本剤は腸で溶けて吸収されるように工夫されている(腸溶剤)ので,噛まずに服用してください。
(4)その他……
・妊婦での安全性:[カルボシステイン]未確立。原則として服用しない。[フドステイン]未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:[フドステイン]服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:[フドステイン]未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[カルボシステイン,フドステイン]①肝機能障害,黄疸。
[カルボシステイン]②皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN)。③ショック,アナフィラキシー様症状(呼吸困難,むくみ,じん麻疹など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

その他副作用

(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発疹,かゆみ,じん麻疹,紅斑,むくみ,発熱,呼吸困難など)
(2)次回,受診した際に処方医に伝える副作用……食欲不振
[L-エチルシステイン塩酸塩]悪心・嘔吐,喀血,悪寒,発熱
[L-メチルシステイン塩酸塩]めまい,頭痛,腹痛
[カルボシステイン]下痢,腹痛,悪心・嘔吐,腹部膨満感,口渇
[フドステイン]食欲不振,悪心・嘔吐,胃部不快感,胸やけ,下痢,腹痛,胃痛,腹部膨満感,口渇,便秘,舌炎,口内炎,口唇炎/せき,呼吸困難感/頭痛,熱感,顔面潮紅,脱力感,胸部圧迫感,頻尿,むくみ/動悸
(3)検査などでわかる副作用……[フドステイン]AST・ALT・AL-P上昇/BUN上昇, タンパク尿

他の薬剤使用時の注意

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。