キョウベリンの効能・用量・副作用など

キョウベリンの特徴

ミカン科の植物,キハダの内皮を乾燥したものを黄柏(おうばく)といって,漢方薬の原料になっています。これから作った「陀羅尼助(だらにすけ)」「お百草(ひゃくそう)」「練熊(ねりくま)」などの健胃整腸剤が,古くから販売されています。ベルベリンは,この黄柏から抽出されたアルカロイド成分(植物中に含まれるアルカリ性の有機物)です。

キョウベリン錠100㎎

キョウベリン錠100㎎

処方薬/市販薬 (OTC) 処方薬
分類 整腸薬・下痢止め > ベルベリン塩化物水和物 > ベルベリン塩化物水和物
形状 錠剤 
同じ分類の薬 アタバニン   アドソルビン原末   エンテロノン-R   ジェネリック薬: オリザチーム   カグダリン  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。

キョウベリン メーカー別薬価など

会社 大峰堂薬品工業
日本化薬
保険薬価 錠剤100mg 1錠 9.10円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載
包装コード:
KR 002:100mg


キョウベリンの効能・効果

下痢症

キョウベリンの用法・用量

1日150~300mgを3回に分けて服用。

「キョウベリン」を含むQ&A

もっと見る

キョウベリンの使用上の注意と副作用

基本的注意

*ベルベリン塩化物水和物配合剤(フェロベリン配合錠)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……出血性大腸炎
(2)特に慎重に服用すべき場合(原則禁忌,処方医と連絡を絶やさないこと)……細菌性下痢のある人
(3)長期連用の禁止……連用すると,薬に対する慣れが生じて効果が弱まり,薬に頼りがちになるので,長期連用はしてはいけません。

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

その他副作用

(1)次回,受診した際に処方医に伝える副作用……便秘/発疹

他の薬剤使用時の注意

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。