クエストランの効能・用量・副作用など

クエストランの特徴

コレスチラミンは,陰イオン交換樹脂の一種で,アメリカではかなり以前から使われています。腸管でコレステロールの原料である胆汁酸と結合して糞便中への排泄量を増やすことで,コレステロールの吸収を阻害します。しかし,服用すべき量が多いのが欠点とされています。コレスチミドは,その点を改良しています。

クエストラン粉末44.4%

クエストラン粉末44.4%

処方薬/市販薬 (OTC) 処方薬
分類 脂質異常症の薬 > コレスチラミン > コレスチラミン
形状 末剤 
同じ分類の薬 エラスチーム   ジェネリック薬: アトルバスタチン   アトルバスタチンOD   アルセチン   エルモナーゼ  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。

クエストラン メーカー別薬価など

会社 サノフィ
保険薬価 末剤44.4% 1g 7.00円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載


クエストランの効能・効果

高コレステロール血症
[コレスチラミンのみの適応症]レフルノミドレフルノミドの活性代謝物の体内からの除去
[コレスチミドのみの適応症]家族性高コレステロール血症

クエストランの用法・用量

1回4gを水約100mLに溶かし,1日2~3回服用。

クエストランの使用上の注意と副作用

基本的注意

*コレスチラミン(クエストラン)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……完全な胆道の閉塞により胆汁が腸管に排泄されない人/本剤の成分に対するアレルギーの前歴/[コレスチミドのみ]腸閉塞
(2)慎重に服用すべき場合……便秘の傾向,痔疾患/消化性潰瘍またはその前歴/出血傾向/肝疾患・肝機能障害またはその前歴/高齢者
(3)服用法……コレスチラミンは,必ず水に溶かして服用してください。
(4)吸収阻害……脂溶性ビタミン(A・D・E・K),あるいは葉酸の吸収阻害がおこる可能性があります。長期に服用する場合は,これらを補給するよう注意が必要です。
(5)妊娠……本剤の服用目的のひとつに,レフルノミドの活性代謝物の体内からの除去があります。レフルノミド製剤レフルノミドの服用中止後に妊娠を希望する女性は,本剤による薬物除去法施行後,少なくとも2回,血漿中レフルノミドの活性代謝物(A771726)の濃度を測定し,安全性を確認する必要があります。確認できない場合は,本剤の服用を継続します。
(6)定期検査……服用中は,定期的に血液検査を受ける必要があります。
(7)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

①腸閉塞(高度の便秘,持続する腹痛,嘔吐など)。
[コレスチミドのみ]②横紋筋(おうもんきん)融解症(筋肉痛,脱力感など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

その他副作用

(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発疹,かゆみ,顔面潮紅,熱感,紅斑)
(2)すぐに処方医に連絡する副作用……便秘,硬便,胃・腹部膨満感・不快感,腹鳴,食欲不振,吐きけ・嘔吐,下痢,軟便,腹痛,胸やけ,胃潰瘍,歯肉腫脹/口腔内アフタ/めまい,頭痛,硝子体出血,耳鳴り,毛細管拡張,排尿障害,疲労
(3)検査などでわかる副作用……ALT・AST・AL-P・LDH・総ビリルビン上昇/BUN・クレアチニン上昇/白血球増多,ヘモグロビン・ヘマトクリット減少/CK上昇/カリウム上昇・低下,リン上昇,尿酸上昇,カルシウム・ビタミンD低下

他の薬剤使用時の注意

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

(1)本剤と間隔をあけて併用すべき薬剤……以下の薬剤と併用するときは,本剤と4時間以上の間隔をあけてください→抗リウマチ薬(メトトレキサートメトトレキサート,サラゾスルファピリジンサラゾスルファピリジン),非ステロイド系解熱鎮痛薬(ピロキシカム,テノキシカム,メロキシカムCOXⅡ阻害薬,ジクロフェナクナトリウムジクロフェナクナトリウム,イブプロフェン,ナプロキセンアリールプロピオン酸系NSAID,フェニルブタゾン,フルフェナム酸アルミニウムメフェナム酸),副腎皮質ステロイド薬(ヒドロコルチゾン副腎皮質ステロイド薬),免疫抑制薬(ミコフェノール酸モフェチルミコフェノール酸モフェチル),チアジド系利尿降圧薬チアジド系薬剤(クロルタリドン,メチクラン,メフルシド),テトラサイクリンテトラサイクリン系抗生物質,フェノバルビタールバルビツール酸誘導体,バンコマイシン塩酸塩バンコマイシン,甲状腺ホルモン製剤甲状腺製剤,ジギタリス製剤ジギタリス製剤,ラロキシフェン塩酸塩選択的エストロゲン受容体モジュレーター,フィブラート系薬剤フィブラート系薬剤(ベザフィブラート,フェノフィブラート),ワルファリンカリウムワルファリンカリウム
(2)本剤と併用すると吸収が悪くなって血中濃度が低くなる薬剤……フルバスタチンナトリウムHMG-CoA還元酵素阻害薬→併用するときは,本剤と3時間以上の間隔をあけてください。
(3)本剤との併用で作用が弱まる薬剤……ケノデオキシコール酸ケノデオキシコール酸,エゼチミブエゼチミブ
(4)本剤と併用すると作用に影響が現れる薬剤……アカルボース食後過血糖改善薬
(5)本剤との併用で高クロール性アシドーシスをおこすおそれがある薬剤……スピロノラクトンスピロノラクトン