クロルゾキサゾンの効能・用量・副作用など

クロルゾキサゾンの特徴

今では使わなくなったクロルメザノンに類似した筋弛緩薬です。筋肉のこわばりを取る作用はクロルメザノンと大差ありません。一方,クロルメザノンにみられる習慣性は報告されていません。

処方薬/市販薬 (OTC) 処方薬
分類 肩こり・筋肉痛・腰痛の薬 > クロルゾキサゾン > クロルゾキサゾン
形状 錠剤 
同じ分類の薬 アロフト   ジェネリック薬: アチネス   アフロクアロン   アロストーワ   エペソ  

クロルゾキサゾン メーカー別薬価など

会社 コーアイセイ
保険薬価 錠剤200mg 1錠 5.40円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載
包装コード:
IC-410:200mg


クロルゾキサゾンの効能・効果

運動器疾患に伴う有痛性痙縮(けいしゅく)(腰背痛症,頸肩腕症候群,肩関節周囲炎,変形性脊椎症など)

クロルゾキサゾンの用法・用量

1回200~400mg(1~2錠)を1日3~4回。

「クロルゾキサゾン」を含むQ&A

もっと見る

クロルゾキサゾンの使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……肝機能障害/腎機能障害
(3)危険作業は中止……本剤を服用すると,眠け,注意力・集中力・反射運動能力などの低下がおこることがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(4)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。
・小児での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

その他副作用

(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発疹,かゆみなど)
(2)すぐに処方医に連絡する副作用……眠け,めまい,ふらつき,倦怠感/肝機能障害
(3)次回,受診した際に処方医に伝える副作用……悪心・嘔吐,胸やけ,胃のもたれ,胃部不快感,下痢,便秘,心窩部(しんかぶ)痛・胃痛

他の薬剤使用時の注意

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

(1)本剤と併用すると両者の作用が増強する薬剤……フェノチアジン系薬剤フェノチアジン系薬剤,バルビツール酸誘導体バルビツール酸誘導体,モノアミン酸化酵素阻害薬モノアミン酸化酵素の働き/飲酒