サーカネッテン配合錠の効能・用量・副作用など

サーカネッテン配合錠の特徴

硫黄を含む高分子ペプチド(パラフレボン)に,便秘薬のセンナ末などを混合したものです。静脈瘤内の血液凝固作用,毛細管透過性の抑制作用,抗炎症作用などによって痔核(いぼ痔)の症状を改善します。

処方薬/市販薬 (OTC) 処方薬
分類 痔の内服薬 > サーカネッテン > パラフレボン・センナ末配合剤
形状 錠剤 
同じ分類の薬 ヘモクロン   ヘモナーゼ配合錠   ヘモリンガル舌下錠   ジェネリック薬: タカベンス   ヘモタイト  

サーカネッテン配合錠 メーカー別薬価など

会社 日本新薬
保険薬価 錠剤 1錠 14.00円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載
包装コード:
208


サーカネッテン配合錠の効能・効果

痔核の症状(出血,痛み,腫れ,かゆみ)の緩解

サーカネッテン配合錠の用法・用量

1回2錠を1日3回。

サーカネッテン配合錠の使用上の注意と副作用

基本的注意

・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

その他副作用

(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発疹など)
(2)次回,受診した際に処方医に伝える副作用……悪心,食欲不振,下痢,腹痛,胃部不快感

他の薬剤使用時の注意

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。