ステリ・ネブ クロモリン吸入液の効能・用量・副作用など

ステリ・ネブ クロモリン吸入液の特徴

抗原(アレルギー反応の元になる物質)が体内に入ったときにおこるアレルギー反応を抑える作用があります。体内にほとんど吸収されない性質のため,相互作用はほとんど知られていません。主に吸入ステロイド薬に追加して用いられます。

処方薬/市販薬 (OTC) 処方薬
分類 吸入薬 > クロモグリク酸ナトリウム > クロモグリク酸ナトリウム吸入用薬
形状 吸入剤 
同じ分類の薬 アイロミールエアゾール   アスプール液   アズマネックスツイストヘラー吸入   アトロベントエロゾル   ジェネリック薬: アセチルシステインNa塩注入・吸入用液  

ステリ・ネブ クロモリン吸入液 メーカー別薬価など

会社 アルフレッサファーマ
武田テバ薬品
保険薬価 吸入剤1%2mL 1管 37.40円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載
包装コード:
容器本体:白


ステリ・ネブ クロモリン吸入液の効能・効果

気管支ぜんそく/アレルギー性鼻炎(吸入カプセルのみ)

「ステリ・ネブ クロモリン吸入液」を含むQ&A

もっと見る

ステリ・ネブ クロモリン吸入液の使用上の注意と副作用

基本的注意

*クロモグリク酸ナトリウム吸入用薬(インタールカプセル外用)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ使用。
・小児(5歳以下)での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

①(吸入中または直後に)重い気管支けいれん。②発熱,せき,喀痰を伴うPIE症候群。③アナフィラキシー様症状(呼吸困難,血管浮腫,じん麻疹など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

他の薬剤使用時の注意

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。