テルビナフィン塩酸塩外用液の効能・用量・副作用など

テルビナフィン塩酸塩外用液の特徴

テルビナフィン塩酸塩は,真菌細胞内のスクアレンエポキシダーゼという酵素を選択的に阻害して抗真菌作用を示します。スイッチOTC薬(大衆薬)として販売されています。

処方薬/市販薬 (OTC) 処方薬
分類 たむし・水虫類の薬 > アリルアミン系抗真菌薬 > テルビナフィン塩酸塩
形状 液剤 
同じ分類の薬 アスタットクリーム   アスタット外用液   アスタット軟膏   アデスタンクリーム   アトラントクリーム  

テルビナフィン塩酸塩外用液 メーカー別薬価など

会社 富士フイルムファーマ
富士製薬工業
保険薬価 液剤1% 1g 21.90円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載
包装コード:
容器本体:白 キャップ:紺
会社 沢井製薬
保険薬価 液剤1% 1g 15.50円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載
会社 東和薬品
保険薬価 液剤1% 1g 21.90円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載
包装コード:
容器本体:白 キャップ:淡水色


テルビナフィン塩酸塩外用液の効能・効果

足白癬,体部白癬,股部白癬/皮膚カンジダ症→指間びらん症,間擦疹(かんさつしん)(乳児寄生菌性紅斑を含む)/癜風(でんぷう)

テルビナフィン塩酸塩外用液の使用上の注意と副作用

基本的注意

*テルビナフィン塩酸塩(ラミシールクリーム)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ使用。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

他の薬剤使用時の注意

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。