ナサニール点鼻液の効能・用量・副作用など

ナサニール点鼻液の特徴

子宮内膜症は,エストロゲン(卵胞ホルモン)に反応して悪化します。アメリカでは,本剤はダナゾールダナゾールが使えない場合にのみ使うとされています。
理由は,本剤の継続使用が骨粗鬆症(こつそしょうしょう)をおこす可能性があるからで,せいぜい6カ月の使用に制限すべきだと書かれています(USP-DI2005年版)。

処方薬/市販薬 (OTC) 処方薬
分類 婦人科系の外用薬 > 酢酸ナファレリン > 酢酸ナファレリン
形状 液剤 
同じ分類の薬 スプレキュア点鼻液   ミレーナ52mg   ジェネリック薬: イトレリン点鼻液   ナファレリール点鼻液   ブセレキュア点鼻液  

ナサニール点鼻液 メーカー別薬価など

会社 ファイザー
保険薬価 液剤10mg5mL 1瓶 8,843.90円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載


ナサニール点鼻液の効能・効果

子宮内膜症/子宮筋腫の縮小および子宮筋腫にもとづく症状(過多月経,下腹痛,腰痛,貧血)の改善

ナサニール点鼻液の使用上の注意と副作用

基本的注意

*酢酸ナファレリン(ナサニール点鼻液)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……診断のつかない異常性器出血/本剤の成分または他のGnRH誘導体に対するアレルギーの前歴/妊婦または妊娠している可能性のある人,授乳婦
(2)避妊……使用期間中は避妊をしてください。
(3)その他……
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

①更年期障害様のうつ状態。②血小板減少。③肝機能障害,黄疸。④不正出血。⑤(子宮内膜症の人で)腹部膨満感,下腹部痛などを伴う卵巣のう胞の破裂。⑥類似薬で,アナフィラキシー様症状(呼吸困難,熱感,全身潮紅など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

他の薬剤使用時の注意

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。