ノベルジンの効能・用量・副作用など

ノベルジンの特徴

本剤は,メタロチオネインという銅と結合するタンパク質を生成誘導します。メタロチオネインと結合した銅は体内へ吸収されず,銅の代謝異常であるウイルソン病の治療に用います。ペニシラミンペニシラミン,塩酸トリエンチンウイルソン病治療薬(1)といったキレート剤(体にたまった銅を尿中へ排泄する薬)よりも比較的副作用が少ないことなどから,欧米ではウイルソン病の第一選択薬として用いられています。

処方薬/市販薬 (OTC) 処方薬
分類 先天性代謝異常症の薬 > ウイルソン病治療薬(2) > 酢酸亜鉛水和物
形状 カプセル剤  錠剤 
同じ分類の薬 アルギU配合顆粒   エルカルチンFF   エルカルチンFF内用液   オーファディン   カーバグル分散錠  

ノベルジン メーカー別薬価など

会社 ノーベルファーマ
保険薬価 錠剤25mg 1錠 269.50円
錠剤50mg 1錠 422.30円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載
本体コード:
NPC 96 25
NPC 96 50
NPC 97
NPC 98


ノベルジンの効能・効果

ウイルソン病(肝レンズ核変性症)

ノベルジンの用法・用量

1回50mgを1日3回,1日最大250mg。1歳以上6歳未満:1回25mgを1日2回。6歳以上の小児:1回25mgを1日3回。

ノベルジンの使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……非代償性肝障害/高齢者/妊婦・授乳婦/小児
(3)定期検査……服薬初期は1カ月ごとに肝機能・尿中銅排泄量・尿中亜鉛排泄量検査を,妊婦では尿中銅排泄量検査を,長期にアミラーゼ・リパーゼ異常が続く場合は膵機能検査を受ける必要があります。
(4)服用法……食事の影響で本剤の吸収が遅くなります。食前1時間以上または食後2時間以上あけて服用します。
(5)その他……
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

その他副作用

(1)すぐに処方医に連絡する副作用……吐きけ・嘔吐,腹痛,下痢
(2)次回,受診した際に処方医に伝える副作用……胃不快感,口内炎/めまい,麦粒腫,膀胱炎,頭痛
(3)検査などでわかる副作用……ALT・AST・AL-P・総ビリルビン上昇,肝腫大/リパーゼ・アミラーゼ増加/白血球増加・減少,血小板・ヘモグロビン減少/血清鉄減少,総コレステロール・HDLコレステロール・アルブミン・総タンパク減少,尿潜血・尿タンパク陽性,トリグリセリド増加

他の薬剤使用時の注意

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

(1)併用すると相互に作用が弱まることがある薬剤……ペニシラミンペニシラミン,トリエンチンウイルソン病治療薬(1)→1時間以上あけて服用してください。