フェソロデックス筋注の効能・用量・副作用など

フェソロデックス筋注の特徴

女性ホルモンのエストロゲンは,乳がんの発生・増殖に大きく関わっています。本剤はエストロゲン受容体への親和性が高く,また受容体の数を減少させることでエストロゲンの作用を抑制し,乳がん細胞の増殖を抑えると考えられています。

処方薬/市販薬 (OTC) 処方薬
分類 抗ホルモン剤 > フルベストラント > フルベストラント
形状 注射用剤 
同じ分類の薬 ゴナックス皮下注用   サンドスタチン皮下注用   サンドスタチンLAR筋注用   ジェネリック薬: オクトレオチド皮下注   オクトレオチド酢酸塩皮下注  

フェソロデックス筋注 メーカー別薬価など

会社 アストラゼネカ
保険薬価 注射用剤250mg5mL 1筒 50,792.00円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載


フェソロデックス筋注の効能・効果

閉経後乳がん

フェソロデックス筋注の使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/妊婦または妊娠している可能性のある人,授乳婦
(2)慎重に使用すべき場合……肝機能障害/重い腎機能障害

副作用の注意
重大な副作用

①肝機能障害。②血栓塞栓症(肺塞栓症,血栓性静脈炎など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

その他副作用

(1)おこることがある副作用……注射部位反応(硬結,疼痛,出血,血腫,膿瘍など)/悪心,おくび,便秘,嘔吐,下痢,食欲不振,消化不良,鼓腸放屁,腹部膨満,嚥下障害,流涎(りゅうぜん)(よだれ)過多,腹痛/頭痛,めまい,感覚異常,不眠症,適応障害,気分変調/ほてり,血腫/狭心症/背部痛,筋肉痛,筋骨格硬直,筋力低下,骨痛,骨粗鬆症(こつそしょうしょう),骨折,関節痛,筋骨格痛,重感/発疹,そう痒症,多汗症,脱毛症,爪痛/過敏反応(じん麻疹など)/無力症,発熱,せき,鼻出血,間質性肺疾患,呼吸困難/卵巣腫大/腟出血,乳房痛,外陰腟そう痒症,乳房不快感/白内障,耳不快感,尿路感染,浮腫,インフルエンザ様疾患,インフルエンザ,腋窩(えきか)痛,非心臓性胸痛,眼乾燥,腟感染,胆石症
(2)検査などでわかる副作用……高血圧/高トリグリセリド血症,高コレステロール血症,高血糖/貧血,血小板減少

他の薬剤使用時の注意

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。