プレドニン眼軟膏の効能・用量・副作用など

プレドニン眼軟膏の特徴

副腎皮質ステロイドの抗炎症作用・抗アレルギー作用を眼の炎症に応用した点眼薬です。連用すると副作用が出る可能性があるので,定期的な検査が必要です。

処方薬/市販薬 (OTC) 処方薬
分類 眼科用ステロイド薬 > 眼科用ステロイド薬 > プレドニゾロン酢酸エステル
形状 軟膏剤 
同じ分類の薬 オルガドロン点眼・点耳・点鼻液   サンテゾーン点眼液   ジェネリック薬: オドメール点眼液   サンテゾーン眼軟膏   サンベタゾン眼耳鼻科用液  

プレドニン眼軟膏 メーカー別薬価など

会社 塩野義製薬
保険薬価 軟膏剤0.25% 1g 49.00円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載


プレドニン眼軟膏の効能・効果

外眼部・前眼部の炎症性疾患(眼瞼炎,結膜炎,角膜炎,強膜炎,上強膜炎,虹彩炎,虹彩毛様体炎,ブドウ膜炎,術後炎症など)

プレドニン眼軟膏の使用上の注意と副作用

基本的注意

*フルオロメトロン(フルメトロン点眼液),ベタメタゾンリン酸エステルナトリウム(リンデロン点眼・点耳・点鼻液)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)特に慎重に使用すべき場合(原則禁忌,処方医と連絡を絶やさないこと)……角膜上皮剥離,角膜潰瘍/ウイルス性結膜・角膜疾患,結核性眼疾患,真菌性眼疾患,化膿性眼疾患
[ベタメタゾンリン酸エステルナトリウム]耳および鼻の結核性・ウイルス性疾患
(3)その他……
・妊婦での安全性:未確立。原則として長期・頻回に使用しない。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

①(連用で数週間後から)眼内圧亢進,緑内障。②角膜ヘルペス,角膜真菌症,緑膿菌感染症などの誘発。③(角膜ヘルペス,角膜潰瘍,外傷などに使った場合)穿孔(せんこう)。④(長期使用で)後のう下白内障。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

他の薬剤使用時の注意

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。