ヘモポリゾン軟膏の効能・用量・副作用など

ヘモポリゾン軟膏の特徴

痔疾用軟膏は大半は複合剤で,配合されている成分も市販のOTC薬(大衆薬)と大差ありません。

処方薬/市販薬 (OTC) 処方薬
分類 便秘・痔の薬 > 痔疾用薬剤(軟膏) > ヒドロコルチゾン・大腸菌死菌
形状 軟膏剤 
同じ分類の薬 グリセリン浣腸液   テレミンソフト坐薬   ジェネリック薬: グリセリン浣腸   グリセリン浣腸液   ケンエーG浣腸液   ネイサート坐剤  

ヘモポリゾン軟膏 メーカー別薬価など

会社 ジェイドルフ製薬
保険薬価 軟膏剤 1g 16.10円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載


ヘモポリゾン軟膏の効能・効果

痔核・裂肛の症状(出血,疼痛,腫れ,かゆみ)の緩解
[プロクトセディル軟膏,強力ポステリザン軟膏のみの適応症]肛門周囲の湿疹・皮膚炎
[ポステリザン軟膏,強力ポステリザン軟膏のみの適応症]肛門部手術創
[ボラザG軟膏のみの適応症]裂創上皮化の促進
[強力ポステリザン軟膏のみの適応症]軽度な直腸炎の症状の緩和

ヘモポリゾン軟膏の使用上の注意と副作用

基本的注意

*プロクトセディル軟膏,ネリプロクト軟膏,強力ポステリザン軟膏などの添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴(ポステリザン軟膏を除く)
[プロクトセディル軟膏,ネリプロクト軟膏,強力ポステリザン軟膏]局所の結核性感染症・化膿性感染症・ウイルス性疾患・真菌症(カンジダ症,白癬など)
[プロクトセディル軟膏]ストレプトマイシン・カナマイシン・ゲンタマイシン・フラジオマイシンなどのアミノグリコシド系抗生物質,バシトラシン,ヒドロコルチゾン,ジブカイン塩酸塩,エスクロシドに対するアレルギーの前歴
[ボラザG軟膏]トリベノシド,アニリド系局所麻酔剤(リドカインなど)に対するアレルギーの前歴
[ネリプロクト軟膏]梅毒性感染症/ジフルコルトロン吉草酸エステル,リドカインに対するアレルギーの前歴
[強力ポステリザン軟膏]ヒドロコルチゾンに対するアレルギーの前歴
(2)その他……
・妊婦での安全性:[ボラザG軟膏]未確立。有益と判断されたときのみ使用。[ネリプロクト軟膏,プロクトセディル軟膏,強力ポステリザン軟膏]未確立。原則として大量・長期使用しない。[ポステリザン軟膏]未確立。
・小児での安全性:[ネリプロクト軟膏,ボラザG軟膏,ポステリザン軟膏]未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[プロクトセディル軟膏]①(大量または長期使用により)下垂体・副腎皮質系機能の抑制。
[ボラザG軟膏]②アナフィラキシー様症状(顔面浮腫,じん麻疹,呼吸困難など)。
[強力ポステリザン軟膏]③(連用により)眼圧亢進,緑内障,後のう白内障。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

他の薬剤使用時の注意

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。