ポビドンヨード液の効能・用量・副作用など

ポビドンヨード液の特徴

ヨウ素の殺菌力を用いた外用薬です。濃度や基剤の違いにより,一般的な消毒,うがい,褥瘡治療などに応用されています。

処方薬/市販薬 (OTC) 処方薬
分類 その他の外用薬 > ポビドンヨード > ポビドンヨード外皮用薬
形状 液剤 
同じ分類の薬 アクロマイシントローチ   アズノールST錠口腔用   ジェネリック薬: アズガグルうがい液T   アズノールうがい液   アズレイうがい液  

ポビドンヨード液 メーカー別薬価など

会社 中北薬品
保険薬価 液剤10% 10mL 11.80円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載


ポビドンヨード液の効能・効果

[外皮用薬の適応症]皮膚・粘膜の創傷・熱傷・感染部位の消毒,手指・皮膚の消毒
[うがい用薬の適応症]咽頭炎,扁桃炎,口内炎,抜歯創を含む口腔創傷の感染予防,口腔内の消毒

「ポビドンヨード液」を含むQ&A

もっと見る

ポビドンヨード液の使用上の注意と副作用

基本的注意

*イソジンゲル・スクラブ液・液・フィールド液・ガーグルの添付文書による

(1)使用してはいけない場合……[ゲル,液,ガーグル]本剤の成分またはヨウ素に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に使用すべき場合……甲状腺機能に異常のある人/[ゲル,液のみ]重症の熱傷/[スクラブ液,フィールド液のみ]本剤の成分またはヨウ素に対するアレルギーの前歴
(3)石けん……[ゲル,スクラブ液,液,フィールド]石けん類は本剤の殺菌作用を弱めるので,石けん分を洗い落としてから使用してください。
(4)その他……
[イソジンゲル,スクラブ液,液]
・妊婦での安全性:原則として長期にわたる広範囲の使用をしない。
・授乳婦での安全性:原則として長期にわたる広範囲の使用をしない。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

①ショック,アナフィラキシー様症状(呼吸困難,不快感,むくみ,潮紅,じん麻疹など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

他の薬剤使用時の注意

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。