ミドリンP点眼液の効能・用量・副作用など

ミドリンP点眼液の特徴

眼の自律神経のうち交感神経を刺激することで,瞳孔を広げます。

処方薬/市販薬 (OTC) 処方薬
分類 散瞳薬 > 散瞳薬 > トロピカミド・フェニレフリン塩酸塩配合剤
形状 液剤 
同じ分類の薬 アトロピン点眼液   サイプレジン点眼液   ジェネリック薬: オフミック点眼液   サンドールMY点眼液   サンドールP点眼液  

ミドリンP点眼液 メーカー別薬価など

会社 参天製薬
保険薬価 液剤 1mL 29.10円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載
包装コード:
キャップ:白 容器本体:淡青紫


ミドリンP点眼液の効能・効果

診断または治療を目的とする散瞳と調節麻痺

ミドリンP点眼液の使用上の注意と副作用

基本的注意

*ミドリンP点眼液ほかの添付文書による

(1)使用してはいけない場合……緑内障および狭隅角や前房が浅いなどの眼圧上昇の素因がある人/[トロピカミド・フェニレフリン塩酸塩配合剤,フェニレフリン塩酸塩のみ]本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)使用法……原則として,横になって結膜のう内に点眼して,1~5分間まぶたを閉じていてください。その後,涙のう部を圧迫してから眼を開いてください。
(3)危険作業……使用後,散瞳または調節麻痺が回復するまで,自動車の運転など危険を伴う機械の操作には従事しないでください。また,使用中はサングラスを着用するなどして太陽光や強い光を直接見ないようにしてください。
(4)その他……
・妊婦での安全性:[フェニレフリン塩酸塩]未確立。有益と判断されたときのみ使用。
・小児での安全性:[フェニレフリン塩酸塩]未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[トロピカミド・フェニレフリン塩酸塩配合剤]①ショック,アナフィラキシー様症状(紅斑,発疹,呼吸困難,血圧低下,まぶたのむくみなど)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

他の薬剤使用時の注意

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。