モナソサールの効能・用量・副作用など

モナソサールの特徴

抗アレルギー薬の一種であるクロモグリク酸ナトリウムクロモグリク酸ナトリウムと同様に,ぜんそく発作の発現過程における化学伝達物質の遊離を抑制して,ぜんそく発作を予防するとされています。国内開発の薬です。本剤は,すでにおこっている発作をその場で抑える薬剤ではありません。海外評価が低い点で一致している薬剤群です。
なお,イブジラストは,徐放製剤です。

処方薬/市販薬 (OTC) 処方薬
分類 ぜんそくの薬 > ケミカルメディエーター遊離抑制薬 > ペミロラストカリウム
形状 錠剤 
同じ分類の薬 アプネカット経口液   アレギサール   アレギサールドライシロップ   ジェネリック薬: アルジキサール   オザグレル  

モナソサール メーカー別薬価など

会社 東和薬品
保険薬価 錠剤5mg 1錠 19.10円
錠剤10mg 1錠 37.10円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載
包装コード:
Tw 136
Tw 137
本体コード:
Tw 136
Tw 137


モナソサールの効能・効果

気管支ぜんそく
[イブジラストのみの適応症]脳梗塞後遺症に伴う慢性脳循環障害によるめまいの改善
[ペミロラストカリウム,アンレキサノクスのみの適応症]アレルギー性鼻炎

モナソサールの用法・用量

1回10mgを1日2回。アレルギー性鼻炎の場合は,1回5mgを1日2回。小児は処方医の指示通りに服用。

モナソサールの使用上の注意と副作用

基本的注意

*イブジラスト(ケタス)などの添付文書による

(1)服用してはいけない場合……[イブジラスト]頭蓋内出血後,止血が完成していないと考えられる人
[ペミロラストカリウム]本剤の成分に対するアレルギーの前歴/妊娠または妊娠している可能性のある人
(2)慎重に服用すべき場合……脳梗塞の急性期/肝機能障害/高齢者
(3)その他……
・妊婦での安全性:原則として服用しない。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

①肝機能障害,黄疸。②血小板減少。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

その他副作用

(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発疹,かゆみなど)
(2)次回,受診した際に処方医に伝える副作用……めまい,頭痛,ふるえ,不眠,眠け,ボーッとする/食欲不振,吐きけ,嘔吐,腹痛,消化不良,腹部膨満感,下痢,胃潰瘍/心悸亢進,起立性低血圧,ほてり/倦怠感,耳鳴り,顔面のむくみ,浮遊感,味覚異常
(3)検査などでわかる副作用……白血球減少/AST・ALT・AL-P・γ-GTP・総ビリルビン上昇/貧血

他の薬剤使用時の注意

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。