リフラップシートの効能・用量・副作用など

リフラップシートの特徴

外皮用の消炎酵素製剤で,壊死組織の除去に用いられます。

処方薬/市販薬 (OTC) 処方薬
分類 褥瘡・びらん・潰瘍などの薬 > 消炎酵素外用薬 > リゾチーム塩酸塩
形状 貼付剤 
同じ分類の薬 アクトシン軟膏   イサロパン外用散   オルセノン軟膏   ジェネリック薬: アルキサ軟膏   イソジンシュガーパスタ軟膏  

リフラップシート メーカー別薬価など

会社 帝國製薬
日本化薬
保険薬価 貼付剤 5㎝×5㎝ 168.10円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載


リフラップシートの効能・効果

[リゾチーム塩酸塩の適応症]褥瘡,熱傷潰瘍,外傷性潰瘍,下腿潰瘍(静脈瘤症候群を含む),帯状疱疹後潰瘍,放射線潰瘍,薬物潰瘍,糖尿病性潰瘍,術後潰瘍
[ブロメラインの適応症]熱傷・褥瘡・表在性各種潰瘍・挫傷・切開傷・切断傷・化膿創などの創傷面の壊死組織の分解,除去,清浄化およびそれに伴う治癒促進

リフラップシートの使用上の注意と副作用

基本的注意

*リゾチーム塩酸塩(リフラップ軟膏),ブロメライン(ブロメライン軟膏)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
[リゾチーム塩酸塩のみ]卵白アレルギー

副作用の注意
重大な副作用

①ショック,アナフィラキシー(じん麻疹,かゆみ,チアノーゼ,意識低下,全身紅斑,発汗など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

他の薬剤使用時の注意

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。