レザルタス配合錠LDの効能・用量・副作用など

レザルタス配合錠LDの特徴

ACE阻害薬ACE阻害薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬)は,アンジオテンシンⅠを昇圧物質であるアンジオテンシンⅡに変換させる酵素(ACE)を阻害して,血圧を降下させるのに対し,アンジオテンシンⅡの働きを直接的に阻害して血圧を下げるのが,この系統の薬です。ACE阻害薬(ACEI)に対比してARBと略記します。
ARBは,ACE阻害薬に特異的にみられた「空(から)ぜき」の副作用がないといわれています。心臓や腎臓に対する保護作用も,ACEIと同じ程度だと考えられています。(アメリカ心臓協会が2003年に実施した,国際的多施設・二重盲検・実薬対照死亡評価試験であるVALIANTによる)
また近年,ARBと利尿薬,カルシウム拮抗薬との配合剤が各社から出されていて,薬価は2~3種類を加算した場合より安く設定されています。血圧は異なる効き方の薬品を組み合わせてコントロールすることが多いので,配合剤を使えば服用する錠剤の数が1~2種類減ることになります。2~3錠服用していた人が1錠で済むのは目に見える成果ですが,7錠8錠と数多く処方されている方にとってのメリットはいかほどでしょうか。薬品名がまったく変わってしまい勘違いしてしまう可能性もあるので,変更の場合は処方医や薬剤師に納得できるまで説明を受けましょう。
なお,配合剤の「使用上の注意」については,カルシウム拮抗薬カルシウム拮抗薬,チアジド系利尿薬チアジド系薬剤の項も参照してください。

レザルタス配合錠LD

レザルタス配合錠LD

処方薬/市販薬 (OTC) 処方薬
分類 血圧降下薬 > ARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬) > オルメサルタンメドキソミル・アゼルニジピン配合剤
形状 錠剤 
同じ分類の薬 アイミクス配合錠HD   アイミクス配合錠LD   アジルバ   アテディオ配合錠   ジェネリック薬: アゼルニジピン  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。

レザルタス配合錠LD メーカー別薬価など

会社 第一三共
保険薬価 錠剤 1錠 74.40円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載
包装コード:
DSC 372
本体コード:
DSC 372


レザルタス配合錠LDの効能・効果

高血圧症
[ロサルタンカリウムのみの適応症]高血圧・タンパク尿を伴う2型糖尿病における糖尿病性腎症
[カンデサルタンシレキセチルのみの適応症]腎実質性高血圧症/慢性心不全(軽症~中等症)でACE阻害薬が適切でない場合

レザルタス配合錠LDの用法・用量

1日1回1錠。高血圧治療の第一選択薬としては使用しない。

レザルタス配合錠LDの使用上の注意と副作用

基本的注意

*ロサルタンカリウム(ニューロタン)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/重い肝機能障害/アリスキレンフマル酸塩直接的レニン阻害薬を投与中の糖尿病の人(ただし,他の降圧治療を行ってもなお血圧のコントロールが著しく不良の人を除く)/妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)慎重に服用すべき場合……両側性腎動脈狭窄,片腎で腎動脈狭窄のある人/高カリウム血症/重い腎機能障害/肝機能障害またはその前歴/脳血管障害/体液量が減少している人(利尿降圧薬服用中,厳重な減塩療法中,血液透析中)/高齢者
(3)妊娠……服用中に妊娠したら,すぐに処方医へ連絡してください。服用が中止になります。
(4)急激な血圧低下……本剤の服用によって一過性の急激な血圧低下(ショック症状,意識喪失,呼吸困難などを伴う)をおこすことがあります。何らかの異常を感じたら,ただちに処方医へ連絡してください。
(5)定期検査……2型糖尿病における糖尿病性腎症の人では貧血,カリウムやクレアチニンの上昇が現れやすいので,服用中は定期的(服用開始時:2週間ごと,安定後:月1回程度)に血液検査を行います。
(6)危険作業に注意……本剤を服用すると,めまい,ふらつきなどをおこすことがあります。服用中は,高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作は十分に注意してください。
(7)その他……
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

①アナフィラキシー(不快感,口内異常感,発汗,じん麻疹,呼吸困難,全身潮紅,むくみなど)。②血管浮腫(顔面,口唇,咽頭,舌の腫れ)。③急性肝炎,劇症肝炎。④腎不全。⑤ショック,血圧低下に伴う冷感,嘔吐,失神,意識消失。⑥横紋筋(おうもんきん)融解症(筋肉痛,脱力感など)。⑦高カリウム血症。⑧不整脈(心室性期外収縮,心房細動など)。⑨汎血球減少症,白血球減少,血小板減少。⑩低血糖(脱力感,空腹感,冷汗,手のふるえ,集中力低下,けいれん,意識障害など)。⑪低ナトリウム血症(倦怠感,食欲不振,吐きけ,嘔吐,けいれん,意識障害など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

その他副作用

(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発疹,かゆみ,じん麻疹,多形紅斑,光線過敏,紅皮症,紅斑)
(2)すぐに処方医に連絡する副作用……耳鳴り,眠け,頭痛,めまい,不眠,浮遊感/頻脈,起立性低血圧,胸痛,動悸/口内炎,下痢,口角炎,吐きけ・嘔吐,胃不快感,胃潰瘍,口渇/黄疸/貧血/発熱,味覚障害,しびれ感,眼症状(かすみ,違和感など),筋けいれん,関節痛,勃起不全,ほてり,倦怠感,無力症,疲労,むくみ,筋肉痛,せき,女性化乳房
(3)検査などでわかる副作用……低血圧/AST・ALT・LDH上昇/BUN・クレアチニン上昇/赤血球減少・増多,ヘマトクリット低下,好酸球増多/総コレステロール上昇,CK上昇,尿酸上昇,低ナトリウム血症

他の薬剤使用時の注意

[レザルタス配合錠]アゾール系抗真菌薬(イトラコナゾール深在性真菌治療薬,ミコナゾールカンジダ治療薬など),HIVプロテアーゼ阻害薬エイズ治療薬(2)(リトナビル,サキナビルメシル酸塩,インジナビル硫酸塩エタノール付加物など),コビシスタット(スタリビルド配合錠エイズ治療薬(3))→本剤の作用が強まるおそれがあります。

(1)併用すると高カリウム血症をおこすおそれがある薬剤……カリウム保持性利尿薬(スピロノラクトンスピロノラクトン,トリアムテレントリアムテレンなど),カリウム補給薬(塩化カリウムカリウム補給剤),ACE阻害薬ACE阻害薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬)
(2)併用すると本剤の降圧作用が弱まるおそれがある薬剤……NSAID(インドメタシンインドール酢酸系NSAIDなど)
(3)併用するとリチウム中毒をおこすおそれがある薬剤……炭酸リチウム躁病に用いる薬
(4)併用すると腎機能障害,高カリウム血症,低血圧をおこすおそれがある薬剤……アリスキレンフマル酸塩直接的レニン阻害薬,ACE阻害薬ACE阻害薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬)

レザルタス配合錠LD - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)