ピーエイ配合錠の効能・用量・副作用など

ピーエイ配合錠の基本情報

ピーエイ配合錠

ピーエイ配合錠

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


1世紀にわたって熱と痛みの薬として使用され,価格も安く,今でも解熱鎮痛剤の王座を保っています。
アスピリンの解熱作用は,皮膚の血管を拡張することによって熱を発散させるためと考えられています。また,痛みを取ったり,炎症を鎮めたりする作用は,プロスタグランジンと呼ばれる物質の産生を妨げるためです。
最新の話題
(1)水痘(水ぼうそう)やインフルエンザなどのウイルス感染症にかかっている小児におこる,致死率の高いライ症候群をアスピリンが悪化させる可能性があるといわれています。原則的に,15歳未満の水痘,インフルエンザの患者には使用禁止となっています。代替品として,アセトアミノフェンアセトアミノフェンをすすめています。
(2)アスピリンをごく少量服用すると,血液が固まるのを防ぐことがわかり,「狭心症・心筋梗塞・脳梗塞」などの血栓・塞栓形成の抑制の目的で処方されることがあります。日本でも小用量アスピリン小用量アスピリン(血栓防止用)として健康保険の適応になっています。アメリカではOTC薬(大衆薬)として薬局などで入手できます。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 解熱鎮痛薬>アスピリン>アスピリン類似成分を含む配合剤
形状 錠剤
製造販売会社 全星=田辺三菱=沢井=田辺販売=ニプロ
保険薬価 錠剤   1錠 4.60円
同じ分類の薬 先発薬: バファリン配合錠A330  PL配合顆粒  幼児用PL配合顆粒  ペレックス配合顆粒    ジェネリック薬: イスキア配合錠A330 

ピーエイ配合錠の効果・効能

[アスピリンの適応症]関節リウマチ,リウマチ熱,変形性関節症,強直性脊椎炎,関節周囲炎,結合織炎,術後疼痛,歯痛,症候性神経痛,関節痛,腰痛症,筋肉痛,捻挫(ねんざ)痛,打撲痛,痛風による痛み,頭痛,月経痛/急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)の解熱・鎮痛/川崎病(川崎病による心血管後遺症を含む)→「健栄」「小堺」を除く
[アスピリン・ダイアルミネートの適応症]頭痛,歯痛,月経痛,感冒の解熱,関節リウマチ,リウマチ熱,症候性神経痛
[アスピリン類似成分を含む配合剤の適応症]感冒もしくは上気道炎に伴う以下の症状の改善および緩和→ 鼻汁,鼻閉,咽・喉頭痛,せき,痰,頭痛,関節痛,筋肉痛,発熱

ピーエイ配合錠の用法・用量

処方医の指示通りに服用。

ピーエイ配合錠の使用上の注意と副作用

警告

[アスピリン類似成分を含む配合剤]
(1)本剤中のアセトアミノフェンにより重い肝機能障害が発現するおそれがあるので注意してください。
(2)本剤とアセトアミノフェンを含む他の薬剤(一般用医薬品を含む)との併用により,アセトアミノフェンの過量服用による重い肝機能障害が発現するおそれがあることから,これらの薬剤との併用は避けてください。

基本的注意

*アスピリン・ダイアルミネート(バファリン配合錠A330mg)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤および本剤の成分またはサリチル酸系薬剤に対するアレルギーの前歴/消化性潰瘍/重い血液異常・肝機能障害・腎機能障害・心機能不全/アスピリンぜんそく,またはその前歴/スルフィンピラゾンの服用中/出産予定日12週以内の妊婦
(2)慎重に服用すべき場合……消化性潰瘍の前歴/血液異常またはその前歴/出血傾向/肝機能障害・腎機能障害またはその前歴/心機能異常/アレルギーの前歴/気管支ぜんそく/手術・心臓カテーテル検査・抜歯前1週間以内の人/アルコール飲料の常用者/小児,高齢者
(3)服用法……食事と同時に服用したり,ミルクやコップ1杯(150mL以上)の水と一緒にのめば,胃腸障害を防ぐのに役立ちます。
(4)長期服用……慢性疾患(関節リウマチ,変形性関節症など)の人が長期服用する場合は定期的に尿や血液,肝機能などの検査を受ける必要があります。
(5)小児……原則として,水痘やインフルエンザなどのウイルス感染症にかかっている15歳未満の小児は服用しないでください。治療上やむを得ず服用する場合は,状態に注意してください。
(6)女性……非ステロイド系解熱鎮痛薬を長期服用している女性に,一時的な不妊が認められたとの報告があります。
(7)過度の体温低下など……過度の体温低下,虚脱,四肢の冷却などがおこることがあります。特に高熱を伴う幼小児や高齢者,消耗性疾患の人は十分な注意が必要です。
(8)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。出産予定日12週以内は服用しない。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)ショック,アナフィラキシー様症状(呼吸困難,全身潮紅,血管浮腫,じん麻疹など)。(2)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN),剥奪(はくだつ)性皮膚炎。(3)再生不良性貧血,血小板減少。(4)ぜんそく発作の誘発。(5)肝機能障害,黄疸。
[アスピリン,アスピリン・ダイアルミネート](6)頭蓋内出血(脳出血など),肺出血,消化管出血,鼻出血,眼底出血など。(7)白血球減少。(8)消化性潰瘍,小腸・大腸潰瘍。
[アスピリン類似成分を含む配合剤](9)急性汎発性発疹性膿疱症。(10)劇症肝炎。(11)汎血球減少,無顆粒球症,溶血性貧血。(12)間質性肺炎,好酸球性肺炎。(13)間質性腎炎,急性腎不全。(14)乳児突然死症候群(SIDS)および乳児睡眠時無呼吸発作。(15)横紋筋融解症。(16)緑内障。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ピーエイ配合錠が気になる人向けのコラム

40才になったら定期健診を!緑内障に注意

緑内障ってどんな病気?

ヒトがものを見ることができるのは、角膜・水晶体を通って網膜上で結んだ像の情報が眼球から脳に向かって延びている「視神経(ししんけい)」に入り、脳に色や形の情報を送るからです。伝わった情報が脳で画像として組み立て... 続きを読む

【鼻づまり】はペットボトルと寝相で解消!

くしゃみや鼻水もつらいけれど、花粉でツラいのは「鼻づまり」という方も多いことでしょう。鼻づまりは花粉症などで鼻の穴の表面粘膜が炎症を起こして腫れ、空気が通れなくなることで起こります。 鼻づまりになると、頭がボーッとするだけでなく、鼻で... 続きを読む

肺も老化する? 咳が止まらない・息切れする人は要注意! 6つのチェック診断

運動不足を解消するために階段を使ってみたら、なんだか息がゼイゼイ……。普段、呼吸する時は意識していませんが、呼吸を行っているのは「肺」。そして、肺もお肌のように、年齢とともに老化すること、知っていましたか? 風邪と診断されたのに「肺が... 続きを読む

大人がうつると大変なヘルパンギーナに要注意

高熱とのど奥の水疱が主症状
ヘルパンギーナは、毎年夏から秋にかけて小児の間で流行しやすい夏風邪の一種です。コクサッキーウイルスが主な感染源ですが、原因となるウイルスは他にもあり、何度もかかる可能性があります。


毎年7月ごろをピ... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む